MD-16詳細解説(MIDIメカニカルシステム)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

MIDIメカニカルシステム(MIDI Mechanical System)
組み込み用モジュールのMD-16についての説明です。

シルクプリントの間違いについて
MIDI THRUBOX Miniを利用せずに
別のMIDI入力回路を使用する場合、
P3のMIDI4と書いてあるピンには
MIDI INの5番を入力してください。
大変失礼いたしました。
MIDI THRUBOX Miniを利用する場合は
下記の説明通りの接続で問題ありません。

MD-16とは

MIDI to Digital、MIDI信号を16ポート、デジタルの
0or5Vのスイッチ信号に変換するモジュールです。

様々な機器のスイッチのMIDIコントロールが
可能になります。

製品内容物

  • MD-16モジュール 1枚
  • ※ピンヘッダ2ピン 1個
  • ※ピンヘッダ10ピン 2個
  • ※電源接続用ターミナルブロック 1個
  • ※Maker Faire Tokyo2018特別半完成キットのみ
    Maker Faire Tokyo2018特別半完成キットは
    ご自身でのはんだ付けが必要です。
    同梱のコネクタはピンヘッダですが、
    ケーブルにオスのコネクタを使用したい場合は
    2.54mmピッチのピンソケットでも
    ご利用いただけます。

    別途5V,0.5A以上の外部電源が必要です

    使用例

  • モーターをコントロールしてものを動かす
  • 油圧やエアのバルブをコントロールして大がかりな設備を動かす
  • ソレノイドをコントロールして打楽器を作る
  • 他、色々なもののスイッチ制御ができます。

    接続図

    5V、GNDはMIDI THRUBOX Miniと
    共通の電源を使用してください。

    各ポートから出力される信号は20mA程度までの小さな電流で、
    逆流などの保護もされていません。
    大きな電流を扱う、回路的に逆起電力の流入がありえる場合などは
    必ず後の段にDT-8やリレーモジュールなど、絶縁された
    電流増幅回路を挟んでください。

    DIPスイッチ設定方法

    スイッチを設定した後は必ずリセットスイッチを押すか、
    電源の再投入を行ってください。
    行わなかった場合、設定は反映されません。

    1番スイッチ
    OFF=コントロールチェンジ(以下CCに略)に反応
    ON=ノートデータに反応

    2-5番スイッチ
    受信するMIDIチャンネルを設定します。
    0=OFF,1=ONとして読んでください。
    0000 = 1ch
    0001 = 2ch
    0010 = 3ch
    0011 = 4ch
    0100 = 5ch
    0101 = 6ch
    0110 = 7ch
    0111 = 8ch
    1000 = 9ch
    1001 = 10ch
    1010 = 11ch
    1011 = 12ch
    1100 = 13ch
    1101 = 14ch
    1110 = 15ch
    1111 = 16ch
    2進数+1のchが設定されます。

    6-8番スイッチ
    反応するCCデータ
    orノートナンバーを設定します。
    001 0-15に反応
    010 16-31に反応
    011 32-47に反応
    100 48-63に反応
    101 64-79に反応
    110 80-95に反応
    111 96-111に反応

    112-127は設定できません。

    使い方

    DIPスイッチで設定したMIDIチャンネルに
    設定した値のCCorノートデータを受信すると
    番号の若い順に1-16の出力に分けて
    0or5Vの信号が出力されます。

    CC120(オールサウンドオフ)を受信すると
    全ての出力をオフにします。

    ノートデータで利用する設定の場合、
    鍵盤を離す(ノートオフ)と信号もオフになります。
    CCを利用する設定の場合、
    1以上の値を受信すると、0を受信するまでは
    オンの状態が続きます。

    DAWやMIDIシーケンサーによっては、再生時に
    セットアップデータ(CC0,7,10,32,91,93等)が
    自動で送信されることがあり、誤作動の原因となります。
    あらかじめ送信しない設定にするか、
    該当するCCを避けた設定でご利用ください。

    MIDIメカニカルシステム(MIDI Mechanical System)について
    MIDI THRUBOX Miniについて
    DT-8について
    MP-8について

    Maker Faire Tokyo2018出展内容に戻る

    “MD-16詳細解説(MIDIメカニカルシステム)” への4件の返信

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください