01

KiCad覚えよう とりあえずチュートリアルをしてみる

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

去年Arduino用MIDIシールドなどを作ったけど、
この手のインターフェースものって何枚も作ろうとすると
結構面倒な上にユニバーサル基板だと配線ミスしやすかったりで、
「ああ、プリント基板が作れたらなぁ…でも
プリント基板って一回作るのに10万とかするんでしょ…?」
と思ったら最近は中国の価格破壊により
数千円から作れるとか。それならDIYユースでも
十分手が出せるな。やってみたいな。

と思って有名なEAGLEにチャレンジしてみるも、
なんかよくわからず挫折。
Design Sparkにチャレンジしてみると、
だいたい同じ流れで挫折。

そんなおり、こんな本があることをひょんなことから知った。

「一人で始めるプリント基板作り[完全フリーKiCad付き] 」
「一人」で始める上に「完全フリー」である。
01
これだ!というわけで本を取り寄せ。
KiCadにチャレンジしてみることにした。

ちなみに現時点の電子工作的な知識は
・回路図はだいたい読める。完璧には読めない
・自分で一から回路を考えることはあんまりできない
・この間3.3Vの液晶モジュールのライトに
5Vを間違えてつないで死亡させた

という感じ。

まずはチュートリアルっぽいサンプルを
本に書いてある通りに真似して作ってみる。

 
そして5日後
 
 
02
だいたい毎朝30分〜1時間位ずつ
作業してようやく回路図が完成である。
回路図の記号は最初から全部KiCadに入っているわけではないが、
付属のCDに入っているので初心者がまずわからなくなる
「ない記号はどうすりゃいいのよ」問題が起きないのがありがたい。

03
回路図から基板に移る時に
Mini USB端子を普通のUSB端子にしてしまい
「?????」となったりしたが、後から違うものに変更できて
一安心したり。

04
そんな経緯でひとまず基板上にすべての部品が置き終わった。

05
やったことない配線作業に

06
果てしなく四苦八苦しながら配線し続ける。
そんな流れをツイッターに上げていたところ、
KiCadのキーワードを拾ってみてくれたkicad.jpの中の人が
みかねて「それなんかちがくね?」的なアドバイスを
くださった。

07
というわけでフットプリントを変更。

08
ひたすら配線配線。
あと29本。

09
全配線、そしてGNDベタまで完了。

10
GNDを安定?させるビアとやらを適当に打って基板できあがり。
完成まであともうすこしだ!
発注に使うデータの書き出しをする。

11
するとなぜか穴あけ用のドリルデータが一家離散。
あーでもないこーでもないの結果、ドリルデータ書き出し時の
0の扱いがどうのという設定を変えたらうまくいった。

12
というわけで発注用のデータも無事完成。
実際の発注はオリジナルの基板ができたらにするとして、
ひとまずチュートリアル完了したのであった。

ほぼ毎日30分〜1時間やって
だいたい10日位でここまで。


この本、3000円くらいするのだが、
なぞるように進めていくとだんだん基板を作る流れが
理解できてとてもわかりやすかった。
ちなみにKiCadの最新版だとアイコンが変わっていたり
細かいところもチョコチョコ違うので、
この本についているバージョンをインストールして
チュートリアルが終わったらバージョンアップする
くらいの感じの方がいいかもしれない。

ツイートにKiCadというワードを入れたことにより
詳しい人たちが拾ってくれてまるでドラクエ4で
ライアンを誘導する井戸の底で聞こえる声のように
袋小路に入りそうなところをフォローしてくれたので
とてもありがたかった。
もちろんあてにしすぎは良くない。

さて、次は→自分で一から基板を作る

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「KiCad覚えよう とりあえずチュートリアルをしてみる」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*