Movable Type4へ移行の覚え書き

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

現在のnecobitのホームページはMovable Typeという
ライセンスフリーで使えるブログプログラムでホームページの大部分を構築している。

カスタマイズ性が非常に高いのだけど、
現在のバージョン(MT3.33)だと使えないけど、
新しいバージョン(MT4.261)だと管理で使える便利機能とかもあって、
更新するのに効率が上げられそう。
バージョンをあげてみようかとアレコレお試し中。

エックスサーバーというレンタルサーバーを使っているので、
MTOS(Movable Type Open Source)の自動インストールをして使ってみた。

まだ途中だけど、現在のわかっていることは、
そのまま同じ状態に持っていこうとするとエラーがでまくる、
ということだった。

とにかく、記事を試しに書いてみる。
記事を公開する前に確認してみる。
全部の記事を再構築する。
 
20090917error.gif
 
何をやっても、エラー、エラー、エラー。
正確には、「500 Internal Server Error」。

これじゃやってられんので、アレコレやってみた。
アレコレの部分は他のサイトにいくらでもかいてあるので、
いきなり結論。
原因は、同一カテゴリの記事で前後の記事へのリンクを自動生成してくれる、
PreviousNextInCategory」というプラグインだった。
こいつの処理による負荷が高いおかげで、サーバーでの処理が追いつかず、
エラーとして出力されていたようだ。

こちらのページ方が、
同じことをするプラグインの軽量版を作ってくれているので、
そちらをインストールしたらあっさり解決。
全てサクサクとできましたとさ。

まだまだ途中だけど、誰かの役に立つかもしれないと思ったので、
とりあえず〆(._.)メモメモ

コチラの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*