OLYMPUS DIGITAL CAMERA

KLX250キャブセッティングの続き

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

前回のガボガボ状態から、
とりあえずまともに走るようになった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
風邪をひいたりして随分間が空いてしまったが、
セッティングが崩れてしまったKLXを
まともに走れるようにするのが本日の目標。
 
アクセルオフで回転数が落ちるのが遅い…
というのは二次エアを吸っている症状だった
気がするので、まずはそこを探そう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メクラをしたKLEENへつながっていたチューブ、
なんだかボロボロだな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あー、こりゃあかんわ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ただのメクラなので短くカットして先っちょだけ使う。
さて他にどこか空気の入りそうなところは…と…
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キャブとインマニ間のバンド、
締まってませんでしたー!!!
これだな不調の原因は。

とはいうものの、アイドリング不調の症状も
これが原因なのか、スロージェットを35から38に
上げたからなのかちょっと判断がつかない…。
そしてキャブを外して元に戻しての工程が面倒な
KLX250、できれば一度で良くしてやりたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
キャブを外す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
裏側のパイロットスクリューを調整してみる。
規制前のサービスデータに合わせてみようと
1と5/8戻しから2と3/8戻しに。

ノーマル
MJ 118
SJ 35
PS 1 5/8戻し

 ↓

KLEENカット、ブタ鼻変更後
MJ 130
SJ 38
PS 2 3/8戻し
ニードル ワッシャー1枚かまし

前回フロート側のいずこからか
落ちてきたワッシャー、あれは
結局どこかわからなかったので、
ニードルのクリップ位置調整代わりに
ニードルにかましておいた。
特に意図のないこの行為が一体どう作用するのだろうか…。

全部を濃い方向に振ったことになるが、
(パイロットスクリューは戻し数が増えると濃くなる)
果たして効果のほどは…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
戻すときにインシュレーターのバンドを
入れ忘れてガックリするの図。
 
さて試走。
 
おお!前回の不調が嘘のように
しっかり力強いアイドリング。
全開で引っ張ると思いの外早くレブリミット。
なんかキャブセッティングが久々すぎて
自分の感覚が信じられないんだが、
これ濃くて頭打ちになってるんじゃなくて
レブリミットでいいんだよね?
タコメーターがあればこういう時判断しやすいのだが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
全開時に少し濃いかな?という感触はあるが
とりあえずこれでしばらく様子を見てみよう。
ああ一回でまともに走るようになって本当によかった!

しかしいくら久々とはいえ、体感での濃い、薄いの判断が
難しい…2ストはもっとわかりやすかった気がするが、
4ストってこんな感じだったっけか?
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
全部元に戻して工具をしまった後に
こんなものが余っている事に気がついてしまったのだが、
写真を遡って見てみるとKLEENのチューブのガイドみたい
なので外した今となってはいらん!

後日良く調べたらシリンダーヘッドカバーと
電装系のケーブルが接触しないようにする
カバーの模様…つけないとorz

よし、まともに走るようになったんだから、
次は猿ヶ島でも行ってみるかな!

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「KLX250キャブセッティングの続き」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*