Media MationのUMB PWM Servo Boardでサーボを制御

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

MIDIでメカ制御第2弾。

Media Mation
UMB PWM Servo Board
(→日本代理店リンク
の登場です。

前回は電圧を制御できるAO-8を使って
LEDを光らせてみました
今回は、ラジコン等に使われている
サーボをMIDIで制御するためのボードです。
はしょって書くと、これを使うとMIDIでPWM制御が出来ちゃいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このボード1枚で8つのサーボを同時に制御できます。
これを使って何かやってみましょう。


はい、色々と難のある旗上げゲームです。
その後はリズムにあわせて旗上げ体操。
…こんな事しか思い浮かばなかったんですよ!
マニュアルが英語なので、ジャンパスイッチの設定を
理解するのに悩む事1時間程…。

しかし設定が終われば後は実に簡単。
ボード上にあるコネクタも最初からフタバサーボの
コネクタが刺さるし、後はシーケンサーから
ジャンパスイッチで設定したCCを送信するだけで
自在に制御する事が出来ます。

MIDIで制御する事の最大のメリットは、
MIDIシーケンサーがあれば簡単に
制御できてしまうということでしょう。
そして編集がとても簡単。
音楽とあわせて作る場合はテンポに同期できるというのも
大きく作業負担を低減できます。
後半のだんだん早くなるリズムに合わせて
旗を上げるのがそのいい例です。

…とはいえ、このボードの本領はやはり
ロボット等の緻密な制御を何度も繰り返し
音に合わせて再現できるということなので、
もうちょい演出できるロボットが欲しいですね。
個人的に…。

コチラの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください