ネコタイヤを使ってKLX250をサンバーバンに積載した

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

いわゆる一つの試行錯誤というやつ。

ステムメンテナンスの記事の最後にこんな写真を載せたのをすっかり忘れてた。

こいつはNSR50、通称Nチビのホイールなんですが、
これをつけちゃえばサンバーでも高さに余裕が出るのではないか?

計画倒れでした。
KLX250のアクスルシャフト径は15mm。
NSR50のアクスルシャフト径は12mmなので、
そのまま付け替える事が出来ない。
苦し紛れに手持ちのボルトを通してみたけど、
これじゃ危なくて押したくないわー。

という経緯で前回の大惨事に繋がる訳です。

今回はそのリベンジ!


この上に動画が表示されていない場合はYoutubeで視聴できます

一輪車(手押し車)のホイール&タイヤ、
通称ネコタイヤのアクスルシャフト径が16mm。
KLXのアクスルシャフト径<ネコタイヤの穴径
なので、そのまま付け替えられる!

その後、紆余曲折は若干あったものの、
大きなトラブルはなく積載に成功!
詳細は動画をご覧あれー。

フロントタイヤを前部座席の隙間に押し当てて、
ハンドルをアシストグリップに左右で荷締めベルトで引っ張って、

前部座席につけたアイボルトで前に引っ張って固定。

NANIWA(浪速鉄工) アイボルト SUS304 M8 EB9000008

NANIWA(浪速鉄工) アイボルト SUS304 M8 EB9000008
価格:741円(税込、送料別)

リア側は前後左右を荷物で押し固めただけ。
実際、リアはかなり揺れても動かないのでまあ普通は大丈夫。

これにて一件落着!

…と思いきや、実際に猿ヶ島に行くとやっぱり
まさかまさかのトラブルが起きるもんで…。

次回へ続く。

“ネコタイヤを使ってKLX250をサンバーバンに積載した” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください