バイクのナンバー灯を自作する -KLX250メンテナンス記録-

ナンバーが、赤いんです。

さて、まだろくに乗れていないKLX250であるが、
この間夜帰宅して、ふとエンジンをストップする前に
ナンバーを見ると真っ赤っか

…前のオーナーはこれで捕まらなかったのだろうか。
等と思いつつ、ナンバー灯をどうつけようか。

一番手っ取り早いのはバイク用品店で安いナンバー灯を
買ってくる事だけど、ナンバー灯って別に目立つもんじゃないし、
せっかくだから自作しよう。LEDは沢山あるし。 

と、部屋でもやもや考えるものの、イマイチ実際のイメージが湧かないので
いっその事リアフェンダー一式を外して実際に合わせながら作ろう。
サイドカバーを外しー

シートを外しー

ここで配線もチェックー、
ナンバー灯は手前の2本、両方メスだったので、
どちらもオスで作ればいいんだな。
こういうのってどっちかオスでどっちかメスにしておけば
接続ミスしないんじゃないの?何か決まり事的なものは無いのかな。

何このぶっ壊れてます感。
とりあえず元に戻して帰宅。

さて、工作開始。

当初はブレーキランプの下につけようかと思っていたけど、
あまりにもナンバーに近過ぎるので、結局フェンダーに直づけする事にした。

LEDは白3つに電流制御抵抗の抵抗値は330Ω。

+ → 330Ω → LED → LED → LED → –

うむ、回路図すら必要なし!

男は黙って空中配線。

完成。
ちなみにケースの材料はというと、

家とかオフィスで使う配線カバー。
上下が別れるので作りやすいし加工しやすいし、
隙間隙間という隙間にホットボンドを詰め込めば防水も出来るし。

バッテリーを直結してテスト。
写真だと直射が入っている赤が凄いけど、
実際にはナンバーはきちんと白くなったのでOK!

こんな感じでいきましょう。

はい、装着!
ちょっと下から見るとチラッと見えるけど、
実際にはもうちょい目線は上になるからまず見えない。


(真下から見上げた図)

大体の長さを検討つけて作ったんだけど、5cmほど短かったらしく、
接続部がフェンダー内部に来てしまったのが悔やまれる。
水大丈夫かなー?
うーむ、まあダメだったらやり直そう。
ちなみにこの取り回しだと振動でケーブルがフェンダーを叩いてしまって
うるさかったのでサブフレーム?の内側を通した。

とりえあずこれで整備不良はとられまい!

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください