vocoder

機材レビュー『ボコーダー TAL-VOCODER』&『猫草立ち食いこげびっと』解説

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

猫動画『猫草立ち食いこげびっと』
猫草ソングをつくるにあたって、
肝となったのが、声。

元はボソボソしゃべっているだけなんだが、
こいつをネタとして使うには、
やっぱりボコーダー系のエフェクトでしょう。

*ボコーダーとは
マイクなどから入力された信号を
シンセの音色に合成して出力する、という
不思議なエフェクトである。
YMOの「TECHNOPOLIS」とかが有名か。

で、今回はドネーションウェアのAU/VSTボコーダープラグイン、
TAL-VOCODERというものを使用して、
先に素のままの声を録音、後からエフェクトをかけた。

最初音を出すまでにちょっと手間取ったので
参考までにDP(Digital Performer)での使い方。

まず、マイクに向かってお好きなようにしゃべったり歌ったり。
mp3を再生→(mp3

…は、恥ずかしくないぞ!恥ずかしくないぞ!

声トラックにTAL-VOCODERをインサート、
アウトは通常のアウトプットでOK。


MIDIトラックを作って、アウトにTAL-VOCODERを指定。


インプットモードはオフ。

これで、声を再生しながら鍵盤を弾けばボコーダーボイスが再生されるはず。
mp3を再生→(mp3

こう書いてみるとたいしたことなかったな…。
オーディオトラックにインサートしたエフェクトにMIDIトラックの
アウトが指定できるということに気がつくまでに時間がかかった。

この場合、TAL-VOCODERに搭載されているシンセの音に
声を合成する、という形になっているけど、
シンセの音を別のシンセにしたりとかも可能だったりする。
そっちは接続の仕方がまた全然違うので、それについては
またの機会に。

TAL-VOCODERについては以上!

リズムトラックは全部magical8bit plugだったりする。
三角波のバスドラが何だかすごくいい感じ。

mp3を再生→(mp3

効果音はいつものMASSIVEさん大活躍です。
噛む音は、デフォルメした「ガチャン!」ていう音にしたけど
うまくはまらず、「ワシワシ!」という感じのノイズベースの音に落ち着いた。
たべる前にリバーススネアを薄く入れて期待感をあおってみたり。


この上に動画が表示されていない場合はコチラ→Youtubeで視聴できます

てなわけで、猫草ソング解説でした。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*