富士山前哨戦、稲村岩から鷹ノ巣山へ

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

今年も例年通り富士山に登る予定。
その前に練習がてら、奥多摩へ。


大きな地図で見る

稲村岩から鷹ノ巣山01

日原街道沿いにある登山道入り口から一度下って
稲村岩へ向かう。看板の上にぴょこっと出ているのが稲村岩。
ちなみにこの間行った日原鍾乳洞はこの先2km。
多分この辺りで400mか500m位の高さだったと思う。
  
  
稲村岩から鷹ノ巣山02

低い所は杉祭り。春先には来たくねぇ。
(花粉的な意味で)
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山03
 
結構急な登りをしばらく登ると
稲村岩がある。標高大体1000m位?
今日のルートはほとんど景色が開ける所がないので、
地味な絵が続く。
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山04
 
稲村岩を経由して鷹ノ巣山へ向かう途中、
靴のソールがべろりんちょ(4年ぶり2回目
予備の靴ひもでぎゅーっと締め付けて何とかしのいだ。
つま先側の接着が残っていたから何とかなったものの、
完全に剥げると最悪の状況になってしまう。
しかもまだ上りの中盤なので、一日もつかどうか…。
不安になりながら先へ進む。
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山05
 
途中で何度かヒモを締め直すも
何事も無く山頂へ。と書くとあっと言う間に見えるが
しばらく縦走した後ぐぐっと登る、
また縦走してぬぬっと登るの繰り返しで
終わりの見えない戦いであった。
ここが今日唯一の景色が開ける場所。
後はずっと木に囲まれ続ける。
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山06
 
標高は1700m位だったけどそれでも
インスタントコーヒーの袋はパンパン。

稲村岩から鷹ノ巣山07
 
下山中。
下りは登り以上に縦走→どーんと下るの繰り返し。
元々弱い膝に確実にダメージ蓄積中。
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山08
 
咲いた花から花が咲く?
花びらとおしべかな?
本当に花が二重になっている様に見えた。
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山09
 
周りを見渡しても木が見当たらなかった栗。
「リスが運んで来たんじゃね?」という事にした。
持って移動するにはとげが痛そうですね。
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山10
 
途中で見たえらくグロテスクカラーな何かの実?
3色ってどういうこと…。
 
 
稲村岩から鷹ノ巣山11
 
下山完了!
と思いきやここから奥多摩駅までも結構あったりする。
しかも西側から雷鳴が近づいて来たりして。
いくらなんでも登山道じゃない所で雨に降られて
カッパを着るとかすごい敗北っぽいので急いで駅まで歩いた。

無事駅までついて電車で帰宅途中に事件は起きた。

「ヒザ 痛ぇ…」

何かちょっと歩くのが嫌になるレベルですよどうしよう。
とりあえず下山と共にしまった杖を再度出して
何でもない駅で杖を使って移動 λ……トボトボ …

とりあえず、富士山前に膝の管理と靴を何とかせねばという
事が分かったので収穫有り。

早速次の日にサポーターと靴を買いに行くのであった。

NATURA BLACKで撮った写真は後日公開〜♪

リキソール 修理・接着剤

リキソール 修理・接着剤
価格:1,050円(税込、送料別)

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*