M5Stack用MIDIモジュール2とは

M5Stack用MIDIモジュール2は、M5Stackシリーズに
DIN5ピンのMIDI IN/OUT(THRU)、
オーディオ信号出力、シンク用パルスアウトを追加するモジュールです。

→ ご購入はコチラ

!ご注意!

※M5Stack Fireで使用した場合、Wi-FiやPSRAMを利用すると正常動作しない場合があります(2019年4月現在)。

2020年11月にCORE2対応版としてマイナーアップデートしました。
基板にRev.1.1以降が書いていないものはCORE2ではピンが噛み合わず
利用することができません。
自力で貼り替えをすれば使えます。また、アップデート直前の少数のみ
噛み合うタイプのピンが搭載されてるものがあります。

M5Stack用MIDIモジュール(1)との違い

  • 拡張可能だったMIDI THRUコネクタを廃止し、
    MIDI OUTと兼用としました
  • 3.5mm出力端子を追加しました。
    RにGPIO26からの(オーディオ)出力、
    LにGPIO5からのシンク用5V出力が接続されています。
  • スピーカーを搭載しました。
    通常のオーディオ系出力はGPIO25から出ていますが、
    出力を26にすることで
    モジュール側のスピーカーから音を出すことができます。
  • M5Stack社の全面サポートによる
    BASE26のケースをベースにした専用ケースになりました。
  • 組み立て済みで、お届け後すぐに使えるようになりました。
    ※M5Stack本体は別途ご用意ください※

ピンアサイン

CORE2以前

DAC1:25(M5Stack内臓スピーカー)
DAC2:26
MIDI RX:16
MIDI TX:17
シンク用クリック:5
アンプの電源スイッチ:2

CORE2

DAC1:25(どこにもつながっていません)
DAC2:26
MIDI RX:13
MIDI TX:14
シンク用クリック:19(CORE1のジャンパを利用する場合は33)
アンプの電源スイッチ:27(CORE1のジャンパを利用する場合は32)

使い方

MIDI IN

外部からMIDI信号を入力します。

MIDI OUT/THRU

M5Stack本体から外部にMIDI信号を出力します。
また、ソフト側でMIDI INからの信号をそのままOUTに出力することで
MIDI THRU機能にすることもできます。

スピーカー

M5Stack内臓のものとは別にスピーカーを搭載しています。
GPIO26に出力することで外部スピーカーから音が出ます。
GPIO2をHIGHにすることで接続されたアンプが有効になります。

次の項で説明する3.5mmプラグにケーブルを接続すると、
スピーカーからは音が出力されなくなります。
その際 GPIO2をLowにすることで
アンプをシャットダウンすることができます。

AUDIO/SYNC OUT

3.5mmオーディオプラグです。
R側にGPIO26からの信号が出力されます。
GPIO25に強制接続されているアンプは
通らない内臓DACそのままの出力です。
L側にGPIO5から 5Vに増幅されたHIGH/LOW出力ができます。
この出力にパルス信号を乗せることで
KORG Volcaシリーズ、teenage engineerなどと
テンポシンクをすることが可能です。

→ M5Stack用MIDIモジュール新機能紹介動画をYouTubeでみる

M5Stack CORE2での使い方

CORE2以外はJP1,JP3をショート(出荷時はこちら)
CORE2はJP2,JP4をショートします

CORE1という呼称は存在しませんが、わかりやすくするためにCORE2以前のM5StackをCORE1とします。

基板面のJP1等の右の銀色の部分を「ソルダジャンパ(ソルダジャンパー)」と言い、
ここにハンダを盛って左右をくっつける(ショートさせる)ことで設定が切り替わります。

CORE1の場合はJP1,JP3をショート、
CORE2の場合はJP2,JP4をショートさせてください。
CORE1のジャンパー設定のままCORE2で利用することもできますが、
その場合GROVEポートは使えなくなります。
購入時はCORE1のジャンパーがショートしています。

CORE2での出力ピンの設定

CORE1では内臓スピーカーに繋がっていたG25のDACはCORE2ではつながっていません。
内臓スピーカーは新しいI2Sのスピーカーに出力しましょう。
(サンプルスケッチは追って準備します)

CORE2+Arduinoで使う時の注意点

Serial2の入出力ピンが変更になった関係で、
MIDIライブラリの「MIDI.begin();」は使えません。
代わりに「Serial2.begin(31250, SERIAL_8N1, RXD2, TXD2);」
を入れてください。

サンプルスケッチ

https://github.com/necobit/M5Stack-MIDI-Module
Arduino-IDE-Sketchの中にあります。
CORE2対応のサンプルスケッチはただいま準備中です。

ご購入はコチラ!

BASE(ベイス)

BASEで購入する Buy Now necobit電子BASEショップで買う→ ¥3,680 M5Stack用MIDIモジュール 2
(別ウインドウでBASEショップページへ移動します。移動先のカートに入れるボタンをクリックして決済手続きへお進みください)

スイッチサイエンスマーケットプレイス

スイッチサイエンスで購入する Buy now necobit電子スイッチサイエンスマーケットプレイスで買う→ ¥3,680+送料 M5Stack用MIDIモジュール2
(別ウインドウでスイッチサイエンスマーケットプレイスページへ移動します。移動先のカートに入れるボタンをクリックして決済手続きへお進みください)

明和電機 秋葉原店 ラジオスーパー

秋葉原駅より徒歩2分 東京ラジオデパート 2F
(アクセスMAP → https://www.tokyoradiodepart.co.jp/access.html#accessMap

お問い合わせはコチラ

返答が必要な場合は入力したメールアドレスに間違いがないか再度ご確認ください。

4 Comments

  1. Pingback: M5Stack用MIDI Module – necobit電子 Electronic Control Products

  2. 宮田陽輔

    ねこびっとさん、こんにちは。
    MIDI Moduleについてお聞きしたいことがございます。

    MIDI IN端子につなぐキーボードは、メーカーや古さなどに関わらず、
    MIDI OUT端子のついたMIDIキーボードでしたら、どんなものもつなぐことができますでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      MIDIの仕様につきましては、現行のMIDI1.0規格にのっとった回路となっておりますので、
      その仕様にそったMIDIキーボードであれば問題なく送受信することができます。
      すべてのMIDIキーボードがただしくその仕様に沿っているかはnecobitにはわかりませんので、
      楽器メーカーの方にお問い合わせいただけたらと思います。
      よろしくお願いいたします。

  3. Pingback: 「DIY MUSIC on DESKTOP」全MIDI制御の机上ライトショーをしました – necobit.com(ねこびっと)

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です