ぼくはこんなおしごとをしてきました。

robo005.jpg

「あなたは何屋ですか」…だと?
robo005.jpg
細けえことはいいんだよ!

いつもとちょっと違うお仕事、筆ペン絵日記動画でどうぞ!

この動画内の効果音はGumroadで購入できます

(48kHz 24bit)

さて、普段は音楽的なものを生業としてるnecobitですが、
たまにロボットを動かしたりすることがあります。
何故かというと、制御にDigitalPerformerを使うからなのですが、
その辺りの仕組みはものすごーーーーーく長くなるのでまたの機会に。

で、このロボット(大人の事情で絵だけど)、
口と首が動いてしゃべったり振り向いたりします。
そしてクライアントの要求をうまい事消化して表現する…
のですが、さすがに手を生やすのは…!天津飯かよ!
とか思いつつ手を追加しました。夢の中で
家にロボを持ち込んでプログラムするのは初めてだったので
(エピソード
よほど頭に刷り込まれたらしく、夢に出ました。

ちなみに夢の中では時間がないので肘だけ
左右に動かす仕様の腕を生やしましたが、
それじゃドリフ踊りと欽ちゃん走りしかできねーよ。

無形である音楽とはまた違う種類の達成感のある
ロボットプログラムであったとさ。

…なんて事がありまして、自分たちは爆笑していたのですが、
なんかこれ形にできないかなーと筆ペン絵と
ピコピコ音楽で動画にしてみました。
未だにこんぴーたーと言うとノイズ×サンプル&ホールドの
ピロリロ音なのはセンスが古いだろうか。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください