ノルコグR6をグリップシフターからサムシフターに変更

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket


さて今日は愛ママチャリのブリジストン ノルコグR6をマンションの狭いエレベーターに
ジャックナイフ状態でのせて玄関前まで持ってきました。


まだ買って一年なのにシフターのグリップが溶けてベッタベタですよ!
これさー、直してもまた一年でこうなるんだよね?
だったら親指でカチカチ変速するサムシフターというものに交換しちゃおう。

えーとまずよくわからないけど作業前に6速にしておくそうです。


グリップとバーの間にマイナスドライバーを突っ込んで
そこに5-56を一拭き、グリグリねじる。


スポっと。
バーの方が頑丈なのでドライバーでガリガリやっても大丈夫。


六画のキャップボルトを緩めるとシフターもあっさり抜ける。
そしたら今度は後ろ側。


黄色を緩めてワイヤーをフリーにしてから、
青を手で回して抜く。


びろーんととれるので、
ワイヤー先端のつぶしてあるストッパーを抜くと


スポーンと全部抜ける。
ここで交換するシフターが登場。
SHIMANO SL-TX30-R6というやつ。
サイクルベースあさひの取り寄せで525円。
自転車の部品ってピンキリ何だろうけど、軽快車のパーツは本当に安い。

SL-TX50-R6が現在のモデルかな?

色がシルバーしかなかったのでTX30をチョイスした。
こちらも6速に合わせておく。


車体に残ったワイヤーのアウターにワイヤーを通していく。


すると逆から出てくる(当たり前


元からついていたのと同じ様に
ストッパーみたいなやつを通す。


こんな感じ。ストッパーは一番おくまで締めておく。


ワイヤーの端を最初に緩めたボルトの所に通して、
なるべく引っ張って締める。


その後左側のストッパーを手で緩めて行って、
1から6までスムーズに変速できる様に調整。

最後にワイヤーを適当な所で切って、キャップをつける。
潰しすぎてグシャっとなってしまった。
ちなみにこの位の太さならニッパーとか
ペンチについてるカッターで十分切れる。

真ん中の二本のネジでなんか色々調整できるらしいけど、
今回はいじらなくてもうまくいったので、
ここが何をどう調整するのかは謎。多分変速する時の
チェーンのスライド量とかの調整だと思う。


完成!

…グリップシフターだった部分はグリップが短いんですね。
無くなったからすごい隙間ががががが。
グリップのすぐ左にもつけてみたけど、
あまり外側過ぎると操作しづらかったのでこの位置に落ち着いた。
グリップは新しいものを買ってこよう。


まーグリップをジャストサイズに変えればそれなりに
見た目も落ち着くでしょう。落ち着いて欲しい。
落ち着くといいナァ…。

グリップ変えたよ!

“ノルコグR6をグリップシフターからサムシフターに変更” への3件の返信

  1. 作業されたら多分わかったでしょうけど、6速にするのはワイヤーのテンションを一番低くするためですね。

    んで、変速調整はトップギア(この場合6速)から一段下げたトコで、スプロケとディレイラーのプーリーが、後ろからみてちょうど同じライン上に来るようにワイヤーを調整します。
    「よっしゃ、組んだだけでぴったし!」と思っても不思議と調整し直すとより調子良くなったりします。
    2本のネジは、言うなればディレイラー可動範囲のリミッターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください