カテゴリー

スーパーママチャリGP、車中泊に向けて

低音マフラー注意報。

年明け早々と言えば、富士スピードウェイをママチャリで駆け抜ける
スーパーママチャリGPである。

このレースは普段サーキットに馴染みのない人も来る。
そしてそこに落とし穴がある。

車中泊がそれだ。

当日の朝は早いので、ほとんどの人が前日早くから
夜までの間にコースに来て、
車で一夜を明かしてレースとなる。

真冬の車中で寝ると…

寒い。とにかく寒い。
夜がふけてくるとグングンと気温が低下、
外は当然零下、車内も0度前後。
もう少し経つと窓が凍ってきて更に車内の温度は下がって行く。
今年の冬はなんだか寒いのでさらに下がるかも?

夏用のシュラフなど全く役に立たず、
持って来た防寒具を全て身につけて寝る事になる。
しかしそれでも寒くて眠れない場合、
人がどうするかというと…

車のエンジンをかけて暖房をつけるのである。

明け方まで色々な案内放送も流れるし、
ノーマルの乗用車なら音もさほど気にならないけど、
極太サイレンサーの車の振動、
これを延々と朝まで続けられるのはキツイ。

参考までに、necobitは前回-15度まで行けるという安物の寝袋だったけど、
それでも寒かったから、今年はそれに加えて
敷布団、掛布団的な物も持って行くつもり。
頭も冷たいのですっぽりかぶれる物を。
ダイソーとかで売ってる薄い銀マットを
窓に貼り付けるとかなり温度が上がります。
しょぼいテープだと重さで剥がれちゃうけど、
布テープだと車内にべっとりと跡が…。
necobitのサンバー車内には今も跡がのこっている。

スーパーママチャリGPに参加する皆さん、
レース当日に風邪をひいているということがないよう、
寝具の準備は万端に!

ロゴス(LOGOS) 丸洗いアリーバ・-2 [最低使用温度-2度] 72941030
ロゴス(LOGOS) (2012-03-23)
売り上げランキング: 1,544

「スーパーママチャリGP、車中泊に向けて」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください