猫ら絵日記『グルメ猫でも歯肉炎でもなく、腎臓だった話 その4』

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

その1からみるなら→コチラ。
現状キープ!ただし脱水症状にいつも以上に注意。
猫ら絵日記『グルメ猫でも歯肉炎でもなく、腎臓だった話 その4』
(↑クリックで画像拡大)

ほぼ日手帳の中身から。

約1ヶ月間、
腎臓サポート用の食餌と、1日1カプセルの飲み薬、週1点滴をつづけた結果…
血液検査の数値では、
腎臓機能はそれ以上の悪化はせず、踏みとどまってる状態。
(治るものではない)

ただ、腎臓機能が低下すると
カンタンに言うと、体の中の毒素を濾過できなくなっていくわけで
濾過できず溜まる毒を排出させるために
大量に水を飲んで、大量に尿で出そうとするようになる…らしく。

グビグビ飲んでるとはいえ、じょぼじょぼ出しちゃうわけだから
普通の状態以上に、脱水症状に気をつけてくださいね。と。

点滴は、一時的に溜まった毒を散らすはたらきの他に
この脱水症状も予防する役割もあるとのことで
ただでさえ暑い夏は脱水症状になりやすいわけだから、
血液検査の結果的には、回数を減らしてもいい点滴はひとまず継続ー。

(つづきのその5は→コチラ。)

(その1は→コチラ。)
(その2は→コチラ。)
(その3は→コチラ。)
(そのほかの猫ら絵日記をみるなら→コチラ。)

【送料無料】最新くわしい猫の病気大図典

【送料無料】最新くわしい猫の病気大図典
価格:4,620円(税込、送料別)

“猫ら絵日記『グルメ猫でも歯肉炎でもなく、腎臓だった話 その4』” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください