猫ら絵日記『グルメ猫でも歯肉炎でもなく、腎臓だった話 その8』

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

その1からみるなら→コチラ。
猫ら絵日記『グルメ猫でも歯肉炎でもなく、腎臓だった話 その8』
(↑クリックで画像拡大)

2ヶ月ぶりの血液検査。
慢性腎不全ではおもに、
尿素窒素 BUN と、クレアチニン Creをみるそうですが。

この数値がすっかり、健康体の猫と同程度になってる!

…はて?
悪くなった腎臓機能が
回復しないのに数値が戻るってどういうこと?

カンタンに言うとたぶん、
毎日の食餌療法+飲み薬で、腎臓の負担が減ったということ
なのかな。

治療のおかげさまもすごいけど、
こういう結果を見ると
腎臓悪くしたから〜とか、もう○歳だから〜とか、だけで
人間が勝手にどらまちっくに感傷してる場合じゃない。

脳内イメージじゃなくて
目の前で
病院で我慢したことを誉めろ誉めろとせがんでいる
ねこびたまを見て改めてそんなこんな思ったり。

次回の通院は4ヶ月後。食餌療法と1日1カプセルの薬は継続。

つづきのその9は→コチラ
(その1は→コチラ。)
(その2は→コチラ。)
(その3は→コチラ。)
(その4は→コチラ。)
(その5は→コチラ。)
(その6は→コチラ。)
(その7は→コチラ。)
(そのほかの猫ら絵日記をみるなら→コチラ。)

コチラの記事もどうぞ!

“猫ら絵日記『グルメ猫でも歯肉炎でもなく、腎臓だった話 その8』” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*