プラモデルカメラ(ピンホール改造) 『海中みたいなWPPD2010 その1』

WPPD=世界ピンホール写真デー。
4月最後の日曜日に、今年もドタバタと撮ってきたー。
その結果がこれだー。

プラモデルカメラをピンホール仕様に改造するやり方は→コチラへどうぞ。

ざわざわ新緑と、すかっと青空!
手ぶれ効果wでなんだか海の中〜〜。


フィルム:フジカラー SUPERIA Venus 800

ひさしぶりにカメラ箱から取り出して、
ドタドタバタバタと撮ってきた。

練習不足まるだし。

ものすごい広角であることをアタマに入れて、
カメラを持つ手の、指先をとにかく引っ込めておかないと写るし!

フィルム感度天気露光時間の関係は、
いちどテスト撮りして体感しておくべきだった!

三脚使わないなら、シャッターがわりの指を開けてから閉じるまで
ふらりとも揺れないバランス感覚を身につけないと!

ちなみに三脚使用で撮った写りは→コチラ。ちゃんとできる子なのよ。

我がふり見て我がふり直そう。そうしよう。

あと
カメラの見た目
そろそろなんとかしたい

セロハンテープで止めてあるうえに、
セロハンテープが朽ちてきたとかやばいw

オリンパスデジイチE-520でピンホールもできちゃうぞ『ピンホール花2010』は→コチラ。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください