VTZ250メンテナンス記録 フューエルコック

昨日のメンテナンスの続き記事。

ガソリンコック(フューエルコック)清掃

先にあやまりますと、写真が一枚もない。

というのは

20080811gk.jpg

こんな体勢で作業してたもんでカメラをつかむ余裕なし。

なんでこんな体勢なのかというと、タンクのウラについたコックを外すと、
当然ガソリンが流れ落ちるわけで、
それを防ぐためにコックをなるべく上に向けたいわけで。
裏返そうにも下に敷くダンボールもウェスもないわけで。

というわけで上の絵をよく見ると足のうえにタンクの端を載せて
クッションにしているのでした。
(それでも給油口の方からちょっとづつ漏れる)

んでコックをバラしたら想像していたほどではないけど、
そこそこに錆があったので、一通りパーツクリーナーで
錆をぶっ飛ばして元通り。

んー、でもダイヤフラム(中のゴムパーツ)が
ちょっとだけ変形しているし、できれば新品に。。。。。
パーツがあるわけないか。

もとに戻すときに中のバネを入れ忘れたのは内緒。
も、もちろんまたばらして入れましたとも。

そしてサイドカウルをつけたら
コックの位置が微妙にずれている
のも内緒。これはそのまま(^^;

次回はキャブのジェット類清掃。例によって写真は少なくてゴメナサイ。
VTZ250メンテナンス記録 キャブレターを掃除

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください