20140711breath

巨大な生き物の呼吸・寝息(効果音作り方ミニ解説)Breathing of Giant Creature Sound Effect

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

巨大な生き物…は…大きい…(当たり前の発想)


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
巨大な生き物の呼吸・寝息(効果音)Breathing of Giant Creature Sound Effect
(48kHz 24bit)

さてさて、息です、息。
まず最初に、素材をどうしようかと悩む。
ノイズ系の音を元にLFOで周期変化をつけて…
とやるか、それとも録音素材をもとに
加工していくか。今回は後者を選びました。

じゃあ何を録音するか、というと、自分の息です。
昔のビジュアル系見たいにマイクを包む様にして握って
低音が膨らむ様にして、なるべく低く深呼吸。
もちろん息をそのまま吹くと「ボワワワワー!」
ってなるので、ウィンドジャマーは必須。

さてさて、なるべく低い息とはいえこちらは人間、
そのままでは軽い。
じゃあどうするかというと、低くすればいいんです。

まず録音したやつから使う部分だけをカットして、

20140711breath
Alchemyにオシレーターとして読み込みます。
で、オクターブ低くならしてみるわけですが、
そのままだとサンプリングレートが半分(かな?)になっちゃうので
ザラザラとしたひどい音です。
そこで、ローパスフィルターをかけてやって
ザラザラの角を取るとともに、
音全体を低音よりにしてあげましょう。

RenaissanceBassをかけてさらに低音を増強しようかとも思いましたが、
そうするとただの地鳴りみたいになったのでやめました。

しかし、DPってなんで「そのまま再生スピードを下げる」機能がないんでしょうね?
タイムコンプレッションでスピードを落とすとピッチを頑張って維持しようと加工するし、
じゃあオーディオにトランスポーズをかけようとすると音の長さを変えずに
トランスポーズしようとするし、便利そうで不便です。
まあ、その辺りは別のDAW使えばって話ですが、
複数のDAWを渡り歩くと後で編集しようとした時に混乱するので
できればDPで全部やっちゃいたいんですよね。。。

というDAWよもやま話で終わります。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「巨大な生き物の呼吸・寝息(効果音作り方ミニ解説)Breathing of Giant Creature Sound Effect」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*