Cat Patch Sewing-19.jpg

破れたカバーに、ニャップリケ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

ミシンじゃなく手縫いだったら
こんな些細なことも
やってみようとは思わない、その壁はデカい。

どうってことない猫型アップリケです

Cat Patch Sewing-2.jpg
破れ目を覆うサイズで、テキトーに猫型紙を描き
Cat Patch Sewing-3.jpg
縫い代のぶんも含めて、布に線を引いてカット。

カットした猫型の中心に、型紙を置き
Cat Patch Sewing-4.jpg
出来上がり線(=型紙の輪郭)を
超えないように、縫い代に切り込みを入れ…
Cat Patch Sewing-5.jpg
型紙を置いたまま、
アイロンで縫い代を折り込む。
Cat Patch Sewing-6.jpg
出来上がりサイズになった、ニャップリケ2枚。
(右端のは型紙)

で、コチラが問題の枕カバー。
Cat Patch Sewing-1.jpg
破れ目部分の
Cat Patch Sewing-7.jpg
裏側(=カバーの内側)から1枚
Cat Patch Sewing-8.jpg
表側(=カバーの外側)から1枚
Cat Patch Sewing-9.jpg
ニャップリケ+枕カバー+ニャップリケ
破れ目をサンドした状態を、とりあえず待ち針で固定。
Cat Patch Sewing-10.jpg
枕カバーの内側から見てみると、こんな状態になっております。

待ち針固定だとミシンで縫いにくいので
Cat Patch Sewing-11.jpg
テキトーに大雑把すぎる手縫いで、仮留め。
Cat Patch Sewing-12.jpg
ミシンの押さえと
Cat Patch Sewing-13.jpg
ミシンの縫いパターンの設定を
アップリケ用に換えまして。

急カーブや複雑すぎるカタチでない
とはいえ
Cat Patch Sewing-14.jpg
全体的に曲線なのでゆっくりと
縫い目が輪郭を外れないように…。

猫耳のところなど、急に角度が大きく変わる部分は
四角い布をぐるっと縫う時などのように
針を刺したまま一旦止め、押さえを上げて方向転換。

枕カバーの、スケスケなほど薄い布地も
特に縫いにくいこともなく
Cat Patch Sewing-15.jpg
ニャップリケできましたー!

ついでによく見たら
端もほつれてたので補修

Cat Patch Sewing-16.jpg
なんせこの枕カバー、
「縫い代」の存在意義もわかってない
ミシン買った初期に作ったものなので…いろいろガタがw

中身の枕に対して
カバーが余裕な大きさだったこともあり
Cat Patch Sewing-17.jpg
まず、布端から5mmの線を表から縫って
Cat Patch Sewing-18.jpg
そして、ひっくり返して裏から
布端1cmの線を縫う。
枕カバーサイドのほつれもろとも!袋縫いしてしまいました。

というわけで、個人的にはミシンがあってこそ
直してまた使うという事もできまして。
Cat Patch Sewing-19.jpg
カメラ:Apple iPad(第3世代)
使用アプリ:Zitrr Camera – Zitrr Studios
使用ミシン:JUKI HZL-F400JP

ミシンでアップリケって、直線的なカタチ向き
かと思ってたらまるでそんなことなかった。

もったいないエコ精神とはまた別の話で
修繕ついでに、ネタな遊びを入れてみたり…
そんなことしてるうちに色々広がりそうな。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「破れたカバーに、ニャップリケ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*