ZOOM H2n_Wind jammer-10.jpg

ZOOM H2n用ウィンドジャマーを自作!

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

ハンディレコーダーZOOM H2nを購入しました!
そして
ウインドジャマー…つまり、マイクにかぶせるモケモケの毛
風切り音を防止するためのオプションは自作!
ZOOM H2n_Wind jammer-1.jpg

制作過程は後回しにして
まず何はともあれ結果をみてみましょう。

自作ウィンドジャマーの効果を検証


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。
動画中の効果音はGumroadで購入できます
仔猫の鳴き声・音の出るおもちゃ kitten
ピアノでおじぎ End of LESSON

かなり効果ありますね。
ウィンドジャマー有りの方で風が入った時は
三脚ごと吹っ飛んで行きそうな程の強風が吹いた瞬間。

その時の波形がこちら


あからさまにウィンドジャマーありの方が
落ち着いた波形だけど、聞いての通り
若干高音が下がるのは否めません。

無風で移動しない時はジャマー無し、
それ以外は打率を取るか、音質を取るかという選択を
しながら使うべきですね。
実際ウグイスの録音の時も、
風切り音のおかげでボツになってしまったいい声も多数。
それが全て「使える」可能性があるならつける価値は十分ある。

自転車とかバイクとかでも(H2nでそんな録音しないかもしれませんが)
今度テストしてみようと思います。

では、効果のほどもわかったところで
のんびりと制作過程を振り返ります。
(→ この2ヶ月後にできた改良版はコチラ

ミシンでフェイクファーっぽい布を縫う

レコーダーのマイク部分を、上からすっぽり覆う。
ZOOM H2n_Wind jammer-3.jpg
毛の流れを揃えたかったので
長方形2枚を、てっぺんと側面の3辺で縫い合わせることにしました。

せいぜい10センチ四方におさまるサイズの
ちいさなモノだから、手縫いでも充分なんですが。

やっぱりちくちくやってらんねー!!
ZOOM H2n_Wind jammer-4.jpg
ミシンの登場です。
このフェイクファーっぽいモケモケ布地の売り場に
ファー生地は、レジロン糸・ニット用針で!
というポップが貼ってあったので
おとなしくそれに従って、糸と針も替えましたよ。右がニット用針(ミシン付属品)

では、ボビンに下糸を巻き巻き…
ZOOM H2n_Wind jammer-5.jpg
ゆ る ふ わ っ
…いきなり挫けそうになりながら、糸掛けをもう一度やり直したらきちんと巻けました。

だいたい毎度、
針に上糸を自動で通してくれる機能を使うところでも
その直前の糸掛けがちゃんとできてないと、自動糸通しも効かないので
おそらくこれ同様に、
必要なとこに糸が掛かってなかったか、余計なとこに糸が掛かってたかのどっちか。

ま、ゆるふわボビンでも糸自体は使えるから
手縫いが必要な時にでも使おうっと。

さてこの布地、切り端からびっくりするほど毛が抜けていくので
ZOOM H2n_Wind jammer-6.jpg
まずはほつれ止め縫いをぐるりと。
…なんか人形の髪の毛みたいだな。などと思っていたそこに、実は既に罠もあった(記事後半で判明します)

ZOOM H2n_Wind jammer-7.jpg
口になる部分の端は、折り返して直線縫い。
アイロンしつけもしなかったけど、けっこうすいすいっと狭い幅を縫えた。わーい。

そしたら、2枚の表どうしを合わせて縫い合わせる。
ZOOM H2n_Wind jammer-8.jpg
布地の方向によっては、えらい伸びやすくて慌てる!
もけもけ毛足の長さのせいで、布の本来の位置がわかりにくい!

やりにくさはあったけど
適した針と糸のおかげさまで、わりと思い通りに進む。
縫ってる間にどう手を添えるとズレにくいかとかも、なんとなく分かってきた〜

ZOOM H2n_Wind jammer-9.jpg
縫うところは完了!裏にはみ出して余計な毛を切り取りました。

ひっくり返して、装着させてみましょう!
ZOOM H2n_Wind jammer-10.jpg
…………。どうしても聖飢魔Ⅱという単語が浮かんでしまうのは何故だろう………。
毛が茶色いからかな。

そういえば何で茶色なのかというと、
適した毛の長さのがこれしか無かったから。

糸代・布代あわせて400円てとこで
まだあと5コ以上作れる余りっぷり。んんんー安い!

フィールドレコーディングには
予備のウインドジャマーがいくつあってもいいし、
ZOOM H2n_Wind jammer-11.jpg
ひっくり返して初めてわかった
毛の表面を、布地の内側に倒して縫わないと、毛先が縫い込まれる
常識でしょう、しかし盲点だった…。
考えればすぐ思い当たることなんだけど、知らないと考えにも及ばないからこれがまた…。

残念な分け目のないウインドジャマーも、改めて作りたいと思います。

カメラ:Apple iPad(第3世代)
使用アプリ:
Aperture App
カテゴリ: 写真
価格: ¥6,900


使用ミシン:JUKI Exceed Dressmake HZL-F400JP

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「ZOOM H2n用ウィンドジャマーを自作!」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*