Mac mini Late 2012 の白飛び問題を、iPadで応急処置。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

—2013.3.15追記
Mac OS X 10.8.3 のソフトウェアアップデートにより、白飛び問題は解消しています。
mac_mini_late2012_after-1.jpg
この、necobit.comロゴの、うっすらとしたグレーの枠線が…
mac_mini_late2012_after-2
ソフトウェアアップデートにより…
mac_mini_late2012_after-3
おおっっ!!!治ってる!!!
うっすらグレーの線がちゃんと見える!!!

しかも、フォルダを開いたリストの
mac_mini_late2012_after-4
互い違いにシマシマ色分けも、よりはっきり見分けられるようになりました。

うちの場合
全体的に操作に困るほどの白飛びではなかったものの
やっぱり見やすくなった…!

というわけで
下記のようにiPadでリモートせずとも、画像編集が普通に作業できるようになりました。

でも、Splashtop 2 – Remote Desktop App (無料)は便利すぎる無料アプリなので
使い続けること間違いなし。

HDMIケーブル1本で、すっきり接続!
液晶テレビをディスプレイにして、広々大画面だぜ!
ipad_mac_splashtop2-1.jpg
…と、勢い込んだら
ハードウェア的な問題があった…。

2012年10月に出た、
マウスもキーボードもモニターもついてこない弁当箱みたいなコンピュータ
Mac mini(Late 2012)に出てる問題点は
HDMI接続したときに画面に出る、白飛び・ブラックアウト・砂嵐。

うちのは今のところ白飛びだけ。
ま、気にならないと言えば気にならない程度ですが…
ipad_mac_splashtop2-2.jpg
こちらはMac miniとHDMI接続したテレビの画面。
指カーソルのあたり、ロゴをぐるりと取り囲む…
ipad_mac_splashtop2-3.jpg
本来なら、うっすらとグレーのラインが入っている。
こういう淡い色が白く飛んじゃってるだけなので
特に操作に支障もなく、始めは気づかなかったくらい。

いやしかし。
画像・写真・動画編集の時は、さすがに良くない。

そこで手っ取り早い応急処置解決策!

iPadをサブディスプレイに使う

iPadには、画面のカラー調整をする環境設定なんてないので
逆に取ると
iPadで見て、色がおかしくなければ、一般的にもOKだろう!
という考え方。

リモートデスクトップアプリ Splashtop2 を使う

いろいろと、iPadをサブディスプレイとして使うアプリが出ている中から
レビュー評価が高くて、しかも無料!の
Splashtop 2 – Remote Desktop App
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料

Splashtop2を選びました。
iPadにこのアプリをダウンロードしたらば
もうひと手間。

ipad_mac_splashtop2-4.jpg
Macに Splashtop Streamer をダウンロードし、インストールします。
→ Splashtop Streamer ダウンロードページはコチラ(splashtop.comへ移動します)

Splashtop2 使用感

Mac・iPadどちらもインターネットできる環境であり
iPad側で、Splashtop2を起動すると…
ipad_mac_splashtop2-5.jpg
(この画面になる前に、軽くあれこれ設定がありますが
 特に難しいこともなくサクサク進められるので省略しています)
ipad_mac_splashtop2-6.jpg
Mac側の画面にアラートが表示され、
あっさり!2画面、デュアルディスプレイ状態。

iPad側での解像度は、3種類から選択可能。
ipad_mac_splashtop2-9.jpg
「iPadに最適」がやっぱり使いやすい。
ipad_mac_splashtop2-7.jpg
こちらはiPad(第3世代)のスクリーンショット。

ただひとつ難点があって
リモートデスクトップを解除すると…
ipad_mac_splashtop2-8.jpg
(こちらは解除後のMac側スクリーンショット)
iPadでの表示に自動で合わせられた
ウインドウのサイズがそのまんま残ってしまう。
いちいち広げ直すのはちょいと面倒。

それ以外は、
接続状態が不安定になることもなく
もちろん画面をタップして、操作もできる。
設定や操作方法のヘルプを、あとから見る場合も分かりやすい。
満足満足。

ところで、iPadのサブディスプレイで作業する場合
画像なんかはなるべく
フルスクリーンモードで見た方がいいなーとも感じました。
ipad_mac_splashtop2-11.jpg
こちらiPadのスクリーンショット。
Macの簡易画像編集ソフト・プレビューで、画像もメニュー諸々も一緒に出してる状態。

ipad_mac_splashtop2-10.jpg
こちらもiPadスクリーンショット。
先ほどのプレビューを、フルスクリーンモードにすると
編集対象画像のみがばばーんと一杯に表示されます。

こんな感じで、
画像や動画の色調整したい時だけ、iPadをサブディスプレイにすることにしました。

地味に便利すぎる本来の使い方

リモートデスクトップですから
離れたところ・別の角度から操作するわけです。
ipad_mac_splashtop2-12.jpg
モニタのすぐ隣に置く…わけにもいかなかったスキャナも、この通り。
もう体を捩って画面を確認しなくてもいいんだ!!

ついでにサブディスプレイと一緒に
Bluetoothでワイヤレス接続なデバイスもあれば、
iPad上では表示が小さすぎて操作しにくいところは
トラックパッドでちょちょいとな。

キーボードは要りませんよ。
ipad_mac_splashtop2-13.jpg
Splashtop2 起動中は、iPad画面下にさりげないアイコンがあって
ipad_mac_splashtop2-14
ソフトウェアキーボードも使えます。

べんりなよのなかだのう

液晶テレビをパソコンのモニタとして使ってみて

そもそもPCモニタ用途に作られたわけではないから
小さなサイズの文字が読みづらいとか、画面の明るさを調節するのに手順が多いとか
そうそうカンタンに代用品になるものでも無いんだなー
と思うところもあり。

とは言え
画面の光沢・映り込みがしつこくないのに、映し出される画は鮮明な色だったり
電源ランプ・液晶まわりの枠部分・その他外観デザインが
見るとき全く気になったためしが無い!というのは
こっそりテレビのすごいところ。

というわけで、
Mac miniの問題解決をAppleに期待しつつ
新しい液晶モニタも、HDMIじゃないケーブルも買わずに
とりあえず応急処置な解決策でした〜

APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「Mac mini Late 2012 の白飛び問題を、iPadで応急処置。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*