ダイヤモンド富士を撮りたかった(PENTAX K-7)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

タイトルでオチがわかるって言わないでくれ。

今住んでいる所はギリギリ富士山が見える。
そしてかれこれ数年住んでいるのだが、今まで一度も
「ダイヤモンド富士」なるものをお目にかかれた事が無い。
ダイヤモンド富士、とは、富士山の山頂に夕日が沈んで行く時、
なんだが得した気分になるからダイヤモンド富士と言うそうな
(後半適当に嘘)

で、日没の午後4時過ぎ、
仕事をしているわけですよ。
仕事ですから、それなりに集中するわけですよ。

ハッ!っと窓の外を見ると一気に暗くなっている…!
カメラをつかんでだだだだー!っとベランダへ!

とりあえず何も考えずにバシャー!
あーーーーー暮れてるー!!!!

ああ…

あああああ…
 
 
 

 
 
 
しかしここであきらめてはならない!
 
一日に少しずつ東(画像左側)に日没の場所がずれて行くので、
何日かは猶予があるはずだ!
 
 
 
次の日→お出かけ
 
 
 
 
…いや、後一日ぐらいは…!
 
 
 
 
次の日
 
 

※日没の時刻です

なんぞこれ!?
なんかぼやーっとしてたからピントを外してしまったが、
空は白いのに雲で遮られる事無く富士山は見えている…。
あ、つまり富士山の後ろ側に雲があるのか? 
なんかこれはこれで幻想的なんだけど、
私が見たいのはダイヤモンド富士なんですよ。

よし、ラスト明日に期待しよう!
 
 
 
そして次の日
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 

めざせ!パズルの達人 1000ピース パワースポット ダイヤモンド 富士 11-354
エポック社 (2010-05-10)
売り上げランキング: 40140
コチラの記事もどうぞ!

“ダイヤモンド富士を撮りたかった(PENTAX K-7)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*