タイマーのコンセントの作り方を考える

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

さて、いよいよ佳境のトイレの換気扇タイマー。
基板の配線を考えはじめると、すぐに、
「ここにコンセントをどうやってつなぐんだ?」
という疑問にぶち当たる。

基板なわけで、ここに直接コンセントが刺す方法って
あるんだろうか。

なんだかどうやっても想像ができないので、
基板にさせないなら基板から線をひっぱって
タップにつないじゃえ!ってことで、

konsento.gif
クリックで拡大

こんなものを作った。

まーそれほどたいしたもんじゃないけど、
タップを無理矢理開けて、中の線を途中でぶった切って
基板の555ICタイマーで動作するリレー(オンオフ
スイッチのようなもの)に接続する、と。

コレに換気扇をつなげば、
タイマー動作中→ファン回る
タイマーオフ→ストップ
と、なるはず。

次回はいよいよ設置。

コチラの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.