OLYMPUS XZ-2で猫(止まっている編)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

これは…猫撮りバージョンアップの兆しが…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(以降クリックすると別ウィンドウで大きい写真が表示されます)
+1.3補正
たそがれぽちびっと。
逆光でもピントは割と合う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
+1.3補正
すんごいしっぽが長く写ったねこびたま。
しっぽの先がぼけているのはレンズのせいじゃなくて
しっぽをぶおんぶおんと振ってるから。
こういう低い目線の時はチルト液晶+タッチAFがかなーり便利でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
かなり暗くなった室内で撮ったのにこの通り。
ISOを上げた時のノイズや描写が明らかによくなっているので
XZ-1より格段に暗いシチュエーションに強い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そしてこちらはなんてことない暗めの写真だけど、
夜読書灯だけを点けた相当暗い状況での一枚。
ISO1600でも破綻が少ないから結構まともな写真が撮れてしまう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
角度を変えたら色温度がいきなり上がったけど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アートフィルターのファンタジックフォーカスで
夢の中へいってしまわれたねこびたま。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
座椅子の根元から生えるこげびっとくん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ひなたぼっこぼこのぽちびっとさん。

猫を撮ってわかったのは、チルト液晶とタッチAFがとても便利。
そして高感度の描写が良くなっている。
とはいうものの、まだ殆ど細かい設定はいじっていないので
操作系に関しても使いこなしにはほど遠いのであった。

つぎは少しアクティブな猫を撮ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください