コンセントタイマー CUSTOM(カスタム) WT-02を分解

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket


ホームセンターで980円で買ってきた
CUSTOM WT-02というタイマー式コンセントを愛用しているのですが、
先日、通電状態の時間なのに動作していなかったので、
分解して原因を探ろうと思います。


まず、ネジがY字なので専用ドライバーが無いとここで終了です。
で、ここからが難関だったのですが、外から見えるネジは
これ一本なのに、どうやってもパカっと開きません。
あーでもないこーでもないと隙間に
ドライバーを突っ込んでみたりしていると…


唐突にバカっと開きました。


なるほど、中心部にツメがあったんですね。
Y字のネジを外すとあっさりと開きました。


なにこのスーパーアナログな世界。


タイマーだから555ICでも入っているかと思いきや、
コイルとリレーと歯車しかありません。
これはすごい…。

しかしあからさまにおかしそうな部分が見つかりません。
念のためコンセントの端子部分を磨いて接触しやすいよう
少しペンチで閉じ気味にしました。

次の日様子を見てみると、無事タイマー動作をしているようです。
ちなみにタイマーコンセントを何に使っているかというと…



メダカ用エアポンプを夜止める為に使っています。
安物ポンプだと動作音がすぐ大きくなるので、
夜は結構気になるのですよ。夜間止めておいても
メダカから苦情は上がってきていないので
酸素の供給は追いついていると思われます。


…まあそもそもが屋内用のタイマーなので、ベランダで使ってたら
端子が酸化したり錆びたりってのはありそうですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください