カテゴリー
音楽,効果音,機材

ALESIS Q49、MIDI端子の接触不良を修理

安いというのは、こういう事さ!

というのを身を以て教えてくれるALESIS Q49ですが、
最近たまにMIDI信号が途切れます。


ささっているケーブルをグイっと持ち上げると直ります。
典型的な接触不良ですね。


完全にぶっ壊れる前に開けて直しましょう。


裏側のネジ8本を外すとあっさり外れます。ツメも無し。


こちらが患部になります。


親切な事に端子周りの部分は別基盤なので
簡単にここだけ外してチェックする事ができます。


ぽろっと。


で、裏を見てみると、あからさまに一つハンダ付けに苦労した様な
変な感じの所があります。これ、つけ直してみましょう。


ハンダ吸い取り線ですいーっとハンダを取ります。


で、つけ直す、と。


こういうタイミングの読めない接触不良って
テスターを当ててチェックの意味が無いので
しばらく使って様子を見てみましょー。
今の所問題無し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください