猫らと工事用足場を映画予告編ぽくしてみた(猫動画)

cats_and_scaffolding.jpg

家のまわりを取り囲んだ、建築工事用の足場。
おっかなびっくり!興味津々!

猫らの反応を撮ってたら…もやもや膨らむ妄想が
映画予告編風味の動画になりました〜

カメラ:iPod touch(第5世代),Nikon COOLPIX P300,OLYMPUS E-520,Polaroid a520
使用アプリ:
iMovie App
カテゴリ: ビデオ
価格: ¥1,300

猫らにとっては、工事用足場の存在が
まるでベランダが延長されたかのように見えるらしく
うっかりしてると、そのまま乗り出す勢いで
実は撮ってる飼い主はヒヤヒヤものでした…。

ベランダ出すとき、リード着用を癖にしておいて良かった…。

ちなみに撮影は、工事がお休みの日曜日に行っております。

動画中の音楽について

オープニングはNative InstrumentsのDAMAGEという音源のみ。

買ったばかりのレビューした時はループを鳴らしていただけだったけど、
この音源のいい所は、鍵盤一つでループ再生してくれるんだけど、
それとは別に素材自体はビートをスライスした状態で収録されている点。
そっちで打ち込む時はこんな感じになる。
20130206damage
ループ素材と同じように鳴らしたい時は半音ずつ駆け上がっていって、
アクセントを加えたい所やちょっとフィルっぽくしたい所は
そこだけ別の部分に変えたり追加したりで空気感そのままに
いくらでもバリエーションが作れちゃう。
つまりRecycle!を使わずに
Recyle!的な編集が出来てしまう。

リズムだけで曲になって、しかも音が厚いのに
耳に圧迫感を与えない。こんな便利なものはありませんな。

後半のピアノピアノ〜オケ系は、メロディがスっと出て来たのでうれしかったなー。
出てこないといつまでもいつまでも出だしから進まないので、
こういうのが当たり前に出てくるようになりたいもんです。

ストリングスはEASTWESTのSynphonic Orchestra。
発売から結構時間が経っている&後継のHollywoodシリーズが出てるだけに
だいぶ値下がりしてたり。Goldだったらアーティキュレーションは
最上位と同じだけ収録されているし、おすすめ。

他にも…
→ 猫のケンカを映画予告編ぽくしてみた

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください