KX80からまた何か漏れてる…!(猿ヶ島にて)

先日補修をして、前回ようやく組み立てて実走したKX80。

ある日、サンバーを運転しようとしたら、
中に入れっぱなしにしているKX80の下に何か
液体が溜まっている…!?
またガソリンかーーーー!?

そんなこともあり、今回はコースに着いたらいきなりばらしてみます。


「バイクのエンジン音を8倍速にするとサイレンみたいだ」
という事以外成果がありませんでした。

ガソリンが補修跡から漏れた形跡がない。
振ってみたら前回残ったガソリンが
チャポチャポ揺れるし、どうもここからは
何も漏れていない模様。

補修がうまくいって嬉しい反面、
じゃあ漏れているのはなんなの?って事で調査。

車内に残った液体を調査…
なんだか粘度が結構高いぞ…
粘度…といえば…?

ミッションオイルしかねー!
ドレンのパッキンがお亡くなりになったのかな?
少し増し締めして、近いうちに交換しよう。

そんなわけで、走るぞー!

※本人的にはスーパージャンプです

…かっこいい走りが出来るまではまだまだ長いなー。

カッコイイ走り→重力嫌いな人たち

このあとすぐにものすごく天気が悪くなって来たので撤収。
今年あと一回位走れるかなー?

その前に、
KX80
ブレーキレバー交換。もうぐにゃにゃ。
ブレーキオイルにエアが噛んでるかも?要チェック。
キルスイッチ修理。機能していない。
ミッションオイルのドレンパッキン交換。


ブーツのソールその他、めくれて来てる部分補修。
色々剥がれそう。

買い替え?まだまだ!

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください