サンバー、タイヤ交換!

新しいタイヤは、なんだか気分がいい。

減らない事で有名な軽バンの12インチ6PRタイヤですが、
6月にローテーションしたら内側が結構な偏減り。

溝はまだ持ちそうだけど、ヒビも多い…。
年明けには凍結路面の可能性のある富士スピードウェイに
スーパーママチャリGPの為に行く…。
一応チェーンはあるけどリアのみ…。

とかなんとかどうしようどうしようと思っていたが、
この間ドライブ帰りに寄ったイエローハットで4本12800円の
バンタイヤを発見してしまった。
オイル交換をしている間にタイヤの見積もりも
お願いしたら、コミコミで19200円。

むう…。安い…。
でもその時はお金あんまり持ってなかったから帰った。

まよったあげく後日やっぱり買いに来た。

みよ、このピッカピカのタイヤ!
ダンロップのDV-01。
前のは…YOKOHAMA SUPER VAN 355とあった。
メーカーが変わって何か変わるかな?
っていうかにおいが!車に近づいただけでゴムのにおいが!
早くこのにおいは飛んで欲しい!

ちょっと引いてみると新品タイヤの黒々した光と
だいぶ長い間洗車していないくすんだボディの対比が楽しめます。
今度気合い入れて洗車せな。

ちょっと走ってみた感じでは、
タイヤの違いというより空気圧の違いが大きくて
あまりよくわからなかった。
今までバイクは積むけど限界一杯までは積まないので、
空荷と最大積載の中間(F2.2 R2.6)位にしてたんだけど、
交換時に最大積載のF2.6R3.0に合わせてくれたので、
折角だからとその乗り心地をチェックすると…
…!?…目線が高い!?

まあ空気が沢山入ってつぶれなくなったから
車高が高くなるのは当然なんだけど、
まさか実感できる程に変わるとは思わなかった。

とかなんとかで結局タイヤ自体の違いはわからず。
まだ前のタイヤも3分くらいは残っていたので、
そんなに実感できる程の違いは無いかもね。
転ばぬ先の杖ってやつ。

あ、でもロードノイズは気持ち減った気が。
これも空気圧のせいかな…?

さて…クーラントもそろそろ交換しないとな…。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください