キーボードのキーをじゃらじゃらする(猫動画)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

ガラクタ大好き!ねこびたま。
ビニール袋の中に大量に入った、キーボードのキートップを漁ります。

BGMは、PixiTracker と TNR-i と GarageBand の合体大作戦!

掴めそうで…取れないッッ

カメラ:Nikon COOLPIX P300
使用アプリ:PixiTracker App (¥170),TNR-i App (¥1,700),GarageBand App (¥1,300),iMovie App (¥1,300)

キートップは爪に引っかかる部分が無くて、
取れた!と思っても、持ち上がらない。

なんとなく微妙な困惑顔でチャレンジしつつ
すぐに口を使えば取れることに思い当たるわけですが。

うっかり食べちゃったら、
ニヤニヤしながらカメラ片手に
動画撮影などしてられなくなるので
こっちの内心はわりと穏やかではなかった…。

動画中のBGM・音について

さて毎度お馴染み、PixiTrackerを
今回は
他の音楽系アプリで作った音と合わせて使う、という結果に。

まずはMacのiMovieで、猫動画を先に完成させておいて
全体で何分何秒なのかを覚えておき…

特に何も意図することなく
iPadのPixiTrackerでぽちぽちと音を作り始めたら

PixiTracker App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥170

どういうわけだか
PixiTrackerで、出来上がったリズムトラックに対して
そのまま同アプリ内で
音程のはっきりしたもの
(つまりメロディとかベースラインとかコード和音とか)
を乗っけると

何をどうしても気に入らない!!!
…という事態になったので。

音程に捉われすぎないサウンドと言えば、TNR-i

TNR-i App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥1,700

ごく短い(1ブロック分)の
ほやほやモヤモヤした音を、3種類ほど作ってWAV書き出し。

リズムだけのPixiTrackerデータもWAV書き出し。

そしてMacのiTunesで書き出したWAVを取り出して
GarageBandに貼付けます。

(この画像はクリックで別ウインドウ拡大表示できます)
GarageBand App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥1,300

貼付けて、位置を調整して、
それぞれのボリュームやリバーブ値など設定して。

ちょっと物足りない感のあった箇所に
・GarageBand付属のループ・効果音、Apple Loopsから
 FX>フォーリー>Radio Tuning 01 ノイズに英語のお喋りが混じってるもの
・ピアノの音色でぽろぽろと自分で弾いたもの
これも貼付け。

初!GarageBand

いつからか、Mac買ったら入ってるソフトだった
ガレージバンド。
実はこれが初めての使用。

とりあえず説明書読まないでも使えるのは
音楽系アプリケーションとして嬉しいことこの上ない!

使い方がわからなくて、
何をどういうふうに作ろうとしてたか薄れちゃうと
集中力もだだ下がりですからねー。

打ち込みベースの人にはどうか分からないけど、
演奏ベースの人なら
iOS版もあるし、どこでもさくっとカタチにすることができて
なるほど便利な世の中。

(それをどの段階まで使うかはともかく)
脳内から直結した感覚でどんどん進められるのは楽チン。

iPadのGarageBandは、どのへんまでできるのかな???
Mac版と同じようなとこまでいけるなら
もっと楽になりそうだ…。

PixiTrackerで音楽をつけた猫動画はコチラ
窓でまどろむ(猫動画,iPod touch 5th)
TNR-iで音楽をつけた動画はコチラ
仔メダカと親メダカとドジョウ様 2012(動画)

iPad を Amazon で探すなら→コチラ

“キーボードのキーをじゃらじゃらする(猫動画)” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください