おや…?KX80のガソリンタンクの様子が…?

当初の予想を超える事態でした。

なんだかサンバーの車内がガソリン臭いなーとは思っていたんですよ。
もともとKX80のガソリンタンクには空気抜きの穴があるので、
多少は揮発していたりもするんですが、今日はいつにもまして臭い。

で、ふと後ろを見たらガソリンが漏れてた
(写真はウェスを押し込んでごまかした状態)
そりゃ臭いはずだよ。

で、漏れてる場所を探したら、ガソリンタンクと
燃料コックの間からしたたっている様に見える。
パッキンかな…?と思い、応急処置として
とりあえずもう少しきつ目にコックのボルトを締込んでみると…

たれるのが早くなったー!?何故!?
よくわからんが、これはもう一回ガソリン抜こう!

で、コックのホースを抜いて、混合ガソリンを作る為の
タンクのホースを突っ込んでからコックをオンにするとだばだばーっと…
ガソリンが流れてこない?

?????

これは負圧コックじゃないから、エンジンがかからないと
流れないという事は無いはず。

…つまり、もう全部流出済み?
たれるのは端っこに残ったガソリンってこと?

というわけで、おそるおそるコックを外してみたら
本当にガソリンが空になってた…そりゃ臭いはずだよ(二回目)。

で、外してみたらすんげーゴミ

よくこれでガソリン流れてたな。危ない所だった。
というわけでこいつは外して後で奇麗にしてやろう。

でね、この時点では、「ひょっとしたらゴミが挟まって
オーバーフローしてただけでこれを奇麗にすれば直るんじゃね?」
位に思っていた訳ですよ。

タンク側には特に問題な…な…?

割れてるーーーー!!!!!???

コック側だとばかり思っていただけにショックがでかいぞー!

樹脂タンク…果たして補修等という事が出来るのだろうか…?
KX80ガソリンタンク洗浄

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください