カテゴリー
音楽,効果音,機材

機材レビュー 『Real Strat(MusicLab)』

ギターのソフトシンセの事を紹介するのに
オープニングは8bitピコピコサウンド。

MusicLABのバンドルシリーズ、
Real LPC、Real Guitar 2Lと来て最後はReal Strat

色々といじってちょっとずつこのシリーズの扱い方が分かってきた。
ピッチベンドの設定で、上に上げる時はチョーキングとして
滑らかに、下に下げる時はスライドとして半音ずつ音程を変化させるという
設定がにするとものすっごく打ち込みが楽!
 
 

 
こんなかんじであまり深く考えなくても
上げた時はチョーキング、下げた時はスライドで
勝手に表現してくれる。
 
長年ピッチベンドのレンジを12(1オクターブ)に設定して
半音動かす時は683、全音は1365、一音半は2048…みたいに
やってきた身としては、キーボードのピッチベンドホイールを
適当に下げるだけでスライドが表現できちゃうなんて
こんなに楽しちゃっていいのかしら…!等と思ったとか。

いやー、このシリーズ、オススメできる。


一応誤解無きように書いておくと、
このシリーズ、アンプシミュレーターは
含まれていないので、そのままの音は
クリーントーンしか出ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください