機材レビュー 『Real Guitar 2L(MusicLab)』

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

Real LPCに引き続き、MusicLabのReal Guitar 2Lをレビュー。

昔々、SC-88等のハード音源で
「どれだけその楽器らしく演奏(MIDI)データを作り込めるか」
というのが大変重要だった時代があったそうな。
いかに生演奏っぽく聞こえるように出来るかで
その人の技量がわかったものですが…

mp3を再生→(mp3

今となってはもうコードを抑えるだけでこんなにぱっと聞いて
生演奏に聞き間違えてもおかしくない音がでちゃう時代ですよ。

アコギの打ち込みはエレキより難しい部分もあったりするんだけど、
その要因の一つがカッティングノイズとミュート。
この二つをどう再現するかが今まで課題だった。
が、ソロで聞くと分かるその二つの再現度。

mp3を再生→(アコギソロのmp3

何度もしつこく書くけどコードを押さえただけでこのプレイ。
ポジションも自在に変更できるからハイポジションでのプレイも思いのまま。

まだ使い込んではいないので曲を通して作ろうとした時に
どうやって演奏のバリエーションを出すかとか
色々と考える所はあるけど、この手軽さでこの出音は大変素晴らしい。

ちなみにいつの間にDEMO RecorderなるMacで使える
無料キャプチャーソフトがApp Storeにあったので
開発者の人ありがとう!と感謝しつつ動画にしてみた。
何の工夫も無いキャプチャーなのでこれといって
理解しやすいという事はないということは言ってはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください