カテゴリー
音楽,効果音,機材

機材レビュー -Arturia ARP 2600V-

うなれ、オシレーター!

Arturiaがソフトシンセの定価を半額以下にしてくれたので、
かねてより購入候補に上がっていたARP 2600Vを購入。

こいつの目的はただ一つ、効果音ジェネレーターだ。

このソフトシンセはARP 2600というシンセを
シミュレーションしたもの。
そして、
「ARP 2600といえばガンダム、
 ガンダムといえばARP 2600」
という言葉は今作ったんだけど、
モビルスーツがギュイーンと宇宙空間を飛ぶ音とか、
好きな人は一瞬で思い出せるあの特徴的な音。
あれはほとんどがARP2600だそうな。

他のシンセでそれっぽい音を作ろうとしたこともあるけど、
この2600というのは、「セミモジュラー」と呼ばれる、
簡単に言うと「そのままでも音は出せるけど、
ケーブルで信号をあっちにやったりこっちにやったりできるから
複雑な音が作れる」シンセなので、そう簡単に代用できるシンセはない。

というわけでうんちくは適当にやめて、
一つ音を作ってみた。

mp3を再生→(mp3

ためて、打つ。みたいな。
ぎゅーんと。ぎゅーんと。
これですよ、これ。
まだ理解が浅いので、チマチマいじっていくのである。

…読み返してみると全然レビューになってないぞこれ。
また書きます…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください