DIYでトイレのドアノブを修理せよ!

結論から言うと、敗北しました。


 
トイレのドアノブが、ひねって手を離しても戻らない。
 
 

 
とりあえず外してみた。
どうもこれがバネっぽい。
 
 

 
さらにばらしてみた。
 
 

 
んー、どうもこの二つがバネみたいなんだけど、
これがどうすればバネとして機能するのか全くわからない。
 
 

 
というわけで別のドアからドアノブを外して比較してみる。
 
 

 
バネ部分。
 
 

 
んー。。。。あれ?
これバネ一本じゃないか?
 
 
…………。
 
 
 
(マジマジ)
 
 
 


 
バネ折れてた。 
 
というわけで、バネをひたすらネットで検索!
ホームセンターを捜索!

しかしなにもみつからなかった…
 


 
買ってきましたよ。おとなしく。1980円だったかな。
バネ自体はピアノ線を加工すればどうにかなるかと思ったけど、
多分適当にやってばいーんとなってズバっと手を切るんだろうなーと
簡単に想像できたのであきらめた。
 
 

ちゃちゃっと付け替えて修理完了!
完敗です!

ちなみにラッチ(ドアの横の爪の所)も買ったセットについて来たけど、
古いのが固着してて破壊しそうだったから古いのを再利用!

投稿日:
カテゴリー: タグ:

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

2件のコメント

  1. 初めてコメントいたします、わたしもよくバネが切れて、トイレのドアノブが戻らなくなることがあって、ピアノ線でキックスプリングを自作して修理しています。

  2. 家のドアノブも、バネが切れてノブが戻らなくなっていました。
    ねこびっとさんの「正常なドアノブ」の写真を参考にして、長く残っていた側のバネをペンチで曲げ、正常な状態を再現したところ、期待通りノブが戻るように復元できました。
    非常に参考になる記事のご提供、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください