水飲みアリクイオトプラス

アリクイが舐めるのは、アリだけでは無い。



ムチの様にしなる舌、
その 弾力を表すためにはやはり「余韻」でしょう。
そんなつもりで舐めた後のことも考えて音を作る。
きゅんきゅん。

歩く音は水飲みの音とキャラが被らないように、
かつ、コミカルな音を目指す。
ぽっくんぽっくん。

ところでこれを作っている途中でMacを買い替えた。

今までのMacbookの環境だと、全てのソフトを同時に使うには
大分力不足だったので、ソフトシンセは全てWindowsでやって
MacはMIDIとミキシングという役割分担で全部作ってたけど、

アリクイ制作風景
(画像クリックで拡大)

ソフトシンセをDAW上に統合出来るってなんてステキ…!
手間が減るのももちろんだけど、制作時点で色々なエフェクトを
かけながら作れるので、全体像をイメージしやすいのが何よりものメリット。

さーどんどん作ってくよー!

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください