カテゴリー
バイク

NSR50キャブオーバーホール -Nチビ復活計画-

嘘っ、Nチビのメンテ、半年ぶり…!? はい、そんなわけで友人宅から引き取って…

嘘っ、Nチビのメンテ、半年ぶり…!?

はい、そんなわけで友人宅から引き取って来たNSR50の蘇生計画の続き。
 

 
現在3人で分担作業中で、今手元にあるのはキャブだけ。
 

 
今回はこのデロデロキャブのお掃除。
単気筒なのでちゃちゃっとやっちゃいましょ。
 

 
外はデロデロだけど中は意外にも綺麗。
ガソリンも腐ってなかったしパッキンも一応機能している。
こりゃ思ったより楽ですな。
 
 

 
とりあえず外せるものは全部バラバラに。
 
 

 
こんだけ。
これでガソリンと空気量の制御をしていると思うと
インジェクションに比べて大変なシンプルさですなぁ…。
 

 
金属パーツはキャブクリーナーに漬け込んで
綺麗にしちゃいましょー。
キャブクリーナーは結構強い溶剤なので
目とか手はもとより、プラのトレイなんかも
ガンガン溶かします。取り扱い注意!
 
 

 
このちーーーーさな穴もパーツクリーナーを
ビシーーー!っと吹いてちゃんと貫通しているかチェック。
まあ、メインジェットとスロージェットは交換するのが
ベストだけど、それは実際にエンジンかかって
セッティングしながらってことにしよう。
 
 

 
メインジェットの穴ちぇーっく。
真円に見えなかったら何か付着している証拠。
よし、合格。
 
 

 
全部綺麗にしたら元にもどすー。
でも最初から中は割と綺麗だったから違いが分からないー。
 
 

 
一応組み立て前に届く所は真鍮ブラシでゴシゴシやったら
多少は綺麗になったかな?
まーガサガサした感じは残ったけど
やる前に比べたら大分いい感じ。
今度サンポールにでもつけてピカピカにしてやろうか。
どうでもいいけど昔すんでいた家から歩いて10分程の所に
ピカールを作っている日本研磨工業の工場があった。
ものっっすごいボロい工場だった。
 
 

 
フロートチャンバー&フロートピン。
このフロートピンが超大切で、
少しでも傷つくとすぐにオーバーフローする
原因になるので要注意!
 
 

 
装着。単気筒は同調とか全く気にしなくていいから楽だね。
 
 

元通り。
よーし、次はエンジン部品の手配だー。

ホンダ NSR50(AC10) パーツリスト/パーツカタログ
ホンダ
売り上げランキング: 25372

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください