大きくプリント!のススメ

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

デジカメのいいところ、
それは、撮った写真をプリントしなくても
すぐにみれる、ついでにフィルム代もプリント代も
かからない、という点につきる。

いいところではあるんだが、
ディスプレイによって見え方が違ったり、
ハードディスクの肥やしになったり、
そのままデメリットになってしまう面もある。

2010年末の時に撮った写真の中で
気に入っている写真があるので、
折角だからお店で6つ切りワイドのサイズにのばしてみた。

6つ切り3
 
 
お次は
デジカメバージョン。

あれ?左右はカットした覚えあるけど、
上下はカットした記憶がないぞ?
ということで色々調べていたら、
なんとMacの壁紙にするために16:9のワイドに
トリミングしたデータからプリントを
頼んでいた事が判明した。たった今。

ま、ままままあいいんですよそんなことは。
後でプリントし直そう

6つ切り4

壁に飾るとこんな感じ。
気に入った写真がいつも目に入るというのは
割といい気分なもんですよ。

デジタルフォトフレームもそういう意味では
いいものだけど、節電が求められている今、
一番最初に電源が切られちゃうだろうな…。

6つ切り2

折角なのでさらにリアル被写体と共に
プリントした写真を撮ってみる。
特に、意味は、ない。

プリントした写真は、画面の中でみる写真とは
全然違う感じがしてとても面白い。
色が違うとか、そういうんじゃなくて、
全く違うものだ、これは。

気に入った写真は、是非一度お店で
大きめにプリントしてみる事をお勧めする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください