音楽『望郷』

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

流れる風に音のせて〜♪

『望郷』
(26秒)

この上にMP3プレイヤーが表示されていない場合は→コチラから再生できます。

いい感じにふわっと音が脳内に流れたので、
サクサクサクっとできました。

キーワードは「旅と故郷」。

今回は去年まとめ買いしたEASTWESTのソフトシンセより、
QUANTUM LEAP RA(QLRA)を使用。
いわゆる民族楽器を集めたソフトシンセで、
キワモノかなーと思ってたけど、実に良く出来てる。

一番感心したのがビブラート。

モジュレーションスイッチ

LFOを使って音量やピッチを変化させるのではなく、
実際にビブラートしている音と切り替えてるみたいだけど、
その切り替わった瞬間が殆どわからない
普通サンプルを切り替えるとどうしても質感や音量、
その他こまかい違いが気になってしまう事が多いけど、
それを感じさせないというのは結構すごいことだとおもう。

しかしソフトシンセやプラグインの値下げの激しさは、
ハードウェアを持たない「情報」ならではの
下がり方だなーと思う。
ハードシンセは製造コストがかかるので、
ここまでの激しい値下がりはできない。

“音楽『望郷』” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください