進化するメイドインチャイナ

necobitのママチャリはボロい。

この間イスだけ買って交換したが、かれこれ10年ぐらい乗っているので
立ちこぎすればフレームはよじれるし、カゴは朽ち果てたので
今は樹脂製の安いカゴをつけている。

ライトはダイナモだとこぐのが重くなるので、
秋葉原で380円で買ってきたこのライトを使っていた。
しかしこの間突然沈黙。
 
 

バラしてみる。スイッチの裏にあるこの蓋が怪しい…。
 
 

開けてみるとリードスイッチが割れていた。
実際にはちょっと折れていただけなのに、
ちょっといじくってたら粉々に。
 
 

はい、こちらにまた秋葉原で買ってきた同じライトがあります。
今度は何故かリア用のランプまでついてお値段据え置き380円です。
どうなってんだ中国産のコスト削減て…。無理だろ…。
 
ていうかなんかスイッチ周りが微妙に違う。
ていうかスライドスイッチじゃなくなってる。
 
 

開けてみるとなんとリードスイッチがタクトスイッチに変更されている。
そして何の躊躇も無く表面にあったスライドスイッチは
完全に埋められていた。

日本はこの圧倒的な値段という武器にどうやって対抗すれば良いのか。
そしてこの今度はこのライトが何ヶ月持ちこたえるだろうか。
その前に自転車がバラバラにならないだろうか。
ペダルに体重かけるとギシギシいうんだ最近…。

投稿日:
カテゴリー: タグ:

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください