自作洗車ポンププチ改良

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

オフロードに、車の洗車に、お風呂の残り湯にといつも大活躍してくれる自作洗車ポンプ。
改良したい点がいくつか出てきたので、これをやってしまおう。
 
 

作ったときは、あまり深く考えずにスイッチ部分をグルーガンでべたべたつけていったが、
これがなかなかに握りづらい。
丁度握る部分に半田付けしたケーブル等があたるので、浮いたケーブルが
とても邪魔。そしてスイッチ付近のケーブルを握りこむため、
だんだん接触不良になってきてしまった。

そして、握りこむとオンになるスイッチ、これの距離が微妙で、
かなりしっかり握りこまないとスイッチが入らない。
そのためストッパーを立ててもスイッチオン状態にできないので、
ポンプを作動させっぱなしにすることができない。
洗車の時は別にいいけど、日常の洗濯とかに使うにはやや不便。これも直そう。
 
 
20100322shower.jpg
改良後のシャワー。

1、ケーブルをレバーと平行になるように変更。ケーブルはレバーに接着。
接点部分の半田付けと固定をやり直し。

2、スイッチのボタン部分に少しグルーを盛って、軽く握るだけでスイッチが入るように改良。

3、2の改良のおかげで、このストッパーを立てるとスイッチがオンで固定できるようになった。
 
 
と、ちょっとした改良だけど、使い勝手は大幅にアップ!∩(´∀`)∩ワァイ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください