とっても悲しい勘違い -あなたはだあれ?となりのtsdgkhr-

とりとめのない話だけど、なんだかちょっとショックだった出来事。

necobit家では ねこ と めだか を飼っている。

メダカは毎年この時期に卵を産んで繁殖する。
産んだ卵は別の水槽(発泡スチロールのはこだけど)に
移して、10日〜14日位で孵化する。

そして、この間移した卵がなかなか孵化しないのだった。
毎朝水槽(発泡スチロールだけど)をのぞく日が続いた。

そしてある日!目に見えるか見えないかほどの生き物が
シャッシャッっと元気よく泳ぐ姿が見えたのだ!
産まれた!ようやく産まれたよ!きっと雨続きで
なかなか出る機会が無かったんだね!

そして数日。
いっこうに大きくならない。
別にいきなりでかくなれというわけではないが、
目に留まるのすら難しい大きさから変わらないというのは
どうなんだろう。

そのそも生まれたてのメダカってそんなにも小さかったっけ。

ちょっと不安になって調べてみた。

3〜4mmは孵化直後である?

どうみてもこいつは1mm位しかないぞ?

よーーーーーーーくみてみた。
 
 
 
 
 
 
 
 
正体不明の微生物系でした。

肝心の卵はどこへいったのやら。雨と寒さでやられたのかな。。。。

投稿日:
カテゴリー: タグ:

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください