機材レビュー -KORG Prophecy_2-

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

レビューその1はコチラ

前回のレビューではシンセリードを
主にお伝えした。
Prophecyのトランペットを使った
曲ができたので今回はその辺りを。

最初に鍵盤だけを弾いて
この音色を出したときは
「ふーん、ま、確かにそれっぽいね」
位に思ったんだが。

Prophecyを使った曲、
「ねこを尾行する。」のトランペットだけ一部抜き出してみた。

この上にMP3プレイヤーが表示されていない場合は→コチラから再生できます。

け、結構すごいな!と思った。
まず、倍音の変化の仕方が
しっかりシミュレートされているのと、
モジュレーションで割れ具合を
コントロールできるので、その2点を
うまく掴んで使ってやると、
すっごくトランペットな感じになった。
この辺は物理モデリングの真骨頂
という所だと思う。

曲の完成版はコチラ。『ねこを尾行する。』
ねこを尾行するサムネイルムービー再生(1分14秒)

(再生をクリックすると、別ウインドウで音と映像ながれます)

この上にムービープレイヤーが表示されていない場合は→コチラ(Youtube)で視聴できます。

弾き方(打ち込み方)も他とちょっと違う
工夫があって、倍音を出すために
高い音をちょっとひっかけたりしている。
これをやると、少し間抜けな感じや、
アグレッシブな感じがとても出しやすい。

いいところばっかりかと思いきや、
やっぱりダメなところがあって、
演奏に対してかなりヨレが
発生してしまうのだ。
今回の曲も、録音した後で
波形をずらしたりといった処理をした。
特に間が開いた後での1音目や、
短い音を連打した時に顕著に現れた。

シンセリードではヨレは
感じなかったので、これはきっと
トランペットの音は処理が重いと
いうことなんだろう。
同じMOSS音源を積んでいる
TRITONの拡張ボードやZ1では
どうなっているのかも気になるところ。

いや、しかし、いままで
サンプルプレイバック方式のブラス
しか使ったことがなかったから、
物理モデリングってすごいなーと思った。

こうなってくると、他のメーカーの奴や
ソフトシンセのブラスなんかも
気になってくるなぁ。

レビューその1はコチラ

コチラの記事もどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください