プラモデルカメラで『夏針穴』

ピンホール改造したもの。曇りのわりによく色が出た。


たぶん晴れていたならば、
もっとものすごい色鮮やかなのが撮れたのかも。

無駄にフンパツして、
フィルムは
Kodak ULTRA COLOR 100
なんて入れてみてしまったのだが。

しかしやはり晴れてたらなあ…と思いつつも、
猫の顔とか、
落ち葉のカサカサとか、
トンボ玉のつるんとしたとことか、
(アルミ箔に針刺しただけの)ピンホールにしちゃよく撮れてる。
まあこれは、フィルムのおかげもあるだろう。
たぶん。

 

ピンホール改造方法はコチラ

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください