console -Windows音源化計画その後-

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

さて、一応の完結をみたWindows音源化計画だけど、
いまひとつ使いやすさの点でちょっと難があったのだ。

何故かというと、「鍵盤を押すと立ち上がっているソフトのすべての音がでてしまう」
という厄介な現象が起きるのだ。

スタンドアローンで立ち上げれば問題ないんだけど、
一番使うソフトのMachfiveがスタンドアローン非対応ということで、
Cubase LEというソフトを経由して起動していたのだ。
そのため、上に書いたような現象が起きているわけ。

で、ソレを解決できるイーモノはないもんかと調べていたら、
consoleなるソフトを発見。
どんなソフトかは公式サイトをみてみて欲しい。
このソフトさえあれば外部PCのVSTインストゥルメントが自由自在に
パッチングできてしまうのだ!
しかも安い!(6720)

というわけでこいつを導入!

これでもう文句なしにWindowsを「音源」として使えるようになったといえよう。
同じ使い方をしている人にはゼヒ勧めたいソフトでした。

その後マルチコアをフルで使うためCONSOLEに代わるVSTiホストを探す

Winodws音源化計画Topへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください