20140926massive4

タイトルコール ギュィーンと集まる (効果音作り方ミニ解説) Title Impact 5 Sound Effect

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

ちょっとシンセっぽいお話です。


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
タイトルコール ギュィーンと集まる 効果音 Title Impact 5 Sound Effect
(48kHz 24bit)

遠くから飛んで来て段々スピードが落ちて
目の前で静止、そんなイメージをまず思い浮かべまして。

20140926massive1
赤丸の部分、全部「青の1」が割り当てられていますね。

20140926massive2
「青の1」の中身はこういう右肩下がりのエンベロープです。
これが色々な場所につながっていて
一括してパラメーターを変調(モジュレーション)させています。
変化させているのはこの画面ではピッチ、フィルターの開度。
Massiveの場合は1つの要素から複数のものを
モジュレーションできるので便利です。

20140926massive4
緑の6は右肩下がりのLFOで、これが
「キュンキュンキュンキュン」という細かい
音程変化を作っています。
ここにも青の1がLFOのRate(スピード)につながっています。
これで、「段々遅くなる」変化が作られます。

20140926massive3
緑の6はパン(定位)のモジュレーション用です。
左右にオートでパンニングしますが、
ここにも青の1がつながっているので、
「段々変化が遅く、小さく」なります。
これによって最初は左右にすごいスピードで
動いていた音が段々ゆっくりと真ん中に
寄ってくるよう変化しています。

その後にチョコチョコとエフェクトも加えていますが、
基本的な作り方はこんな所です。

Massiveの面白さはこのモジュレーションです。
皆様お試しあれ。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「タイトルコール ギュィーンと集まる (効果音作り方ミニ解説) Title Impact 5 Sound Effect」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*