恐怖・ホラー 5 ピアノ叩き(効果音作り方ミニ解説)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

怖い怖い怖い怖い怖い!


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。
この効果音はGumroadで購入できます
恐怖・ホラー 5 ピアノ叩き(効果音)Horror, Mystery 5 Piano ( Sound Effect )
(48kHz 24bit)

突然ですが、「Slender:The Eight Pages」というホラーゲームがありましてね。
これのプレイ動画を見てガクブルしていたのですが、これの
びびらせ効果音がとても良くてですね、
「突然目の前に現れた恐怖」的な音が作りたくなったのです。

本当はピアノの中の弦を直接叩いて箱鳴りも一緒に録れればと思ったのですが、
今うちに生ピアノはないので、別のアプローチをします。


KONTAKTについてきたアップライトピアノの一つにある、
Wunderkindという音色。直訳すると、「アップライトの神童」とか
そういう意味ですかね?何?モーツァルトとかの事?
と、よくわかりませんが、鳴らしてみるとただの調律が狂ったピアノです。
この「調律が狂う」というのは、「チューニングが狂う」と混同されがちですが、
ピアノの場合は一つの音程で複数の弦を叩くので、
その弦たちの調整が良くない事も「調律が狂う」と言います。
なので、「音程は正しいけど調律が狂っている」みたいな事もあります。

それはさておき、一般的に調律は長く放置されればされるほど狂うので、
例えば「洋館にずっと放置されていたピアノ」とか、そういう
時間を感じさせるイメージになりやすかったりします。

そして、怖い音、という事で、とりあえず叩きます。


ガチャーンと五本の指で隣り合う5個の鍵盤を叩いてみました。
そこまでやったら後はリバーブを深めにかけるだけ。

短く叩いたの、鍵盤を少し長く押さえたものに加えて、
音の頭をフェードインさせてみたら
またちょっと違う怖さが出たのでこれも収録。

怖い怖い!

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「恐怖・ホラー 5 ピアノ叩き(効果音作り方ミニ解説)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*