寒いから夏の植物園でも見よう 2(babysem)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

夏の花といえば…?

いろいろあるけど、やっぱり睡蓮・ハスの花には
取り憑かれてしまうーーーーっっ…!

半年前、夏の支度もどんどん進んだ
梅雨の合間の写真。その2
(→ その1からみるならコチラ)

以下の画像はクリックで別ウインドウ拡大表示できます
babysem_mogusaen201206_2-2.jpg
ふふふ…近づいて参りましたよ…

木の枝の隙間からコソコソ覗いてみる、睡蓮さん。
babysem_mogusaen201206_2-1.jpg
すっかり開いて咲いてても、ぽん!としたイメージが湧くなぁ…

こちらは開きかけの、睡蓮さん。
babysem_mogusaen201206_2-4.jpg
ちょっと斜めでしなだれ美。

ところで、蓮は開花の瞬間に音がするって本当なの?

ナイスなデジカメ時代、微速度撮影動画もたくさんあったので
そのひとつをぺたり。

2時間くらいかけて、じわじわ開いていくんだから
ポン!と勢いよく音が出るなんてことは無さそうだ。

それでも、花びら一枚いちまいの存在感が大きいせいか
全体的にこじんまりサイズの睡蓮の花でも、
ぱっと勢いよく開くイメージは失われないから
心の中でぽん!と鳴ってしまうものなんだろうなー。

さて見上げてみれば…
babysem_mogusaen201206_2-3.jpg
夏のもみじ。
さわやか緑色で、星型にも見えてきて、
…何かに似てるこの感じは、七夕か!

ふたたび見下ろせば、こちらも
babysem_mogusaen201206_2-6.jpg
紫陽花の白い花のかたちが
五芒星☆じゃなくて生クリームの絞り口みたいな星型。

花が無くても、夏は緑だけで季節感たっぷり。
babysem_mogusaen201206_2-5.jpg
葉に乗っかった水滴が、コロコロキラキラ〜。

カメラ:babysem
フィルム:Kodak ProFoto XL 100
使用アプリ:
Aperture App
カテゴリ: 写真
価格: ¥6,900


そういえば。

「植物園」という文字だけのイメージだと
花とその名前や説明をみて
「ふむふむなるほど〜」
ってのを、ひたすら順路通りにやっていく場所。

なんて思ってた頃もありました。が!

自然そのまんまの環境では
相当きちんと観察しないと気づかなそうな、
それぞれの植物のもつ面白さを
図鑑や映像じゃなく生きて成長してる状態で見られる、場所であって。

人の手が入ることによってかえって良くなる自然環境

というのも
ちらりと理解できる場所。なのかもなーと。

その1はコチラ
寒いから夏の植物園でも見よう 1(babysem)

同じ日の、睡蓮と紫陽花の写真を中判カメラで
夏でした… 1(FUJIPET)

お寺のでっかい蓮の花もある、真夏の京都写真
babysem『京都でレンチャリ2』

【送料無料】 首都圏一度は見たい心に残る花の名所ベストガイド / アミーカ 【単行本】

価格:1,680円
(2012/12/23 23:48時点 )

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「寒いから夏の植物園でも見よう 2(babysem)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*