Moog Music Slim Phatty購入!の巻。

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

本体待ちのヤキモキを経て、
とうとう10年来のあこがれサウンドを手に入れちゃう話。

Moog Slim Phatty 1

ぽちびっと「ん?これ、食べ物じゃないん?」

違います。

Moog MusicSlim Phatty
同じMoog MusicのLittle Phattyから
鍵盤を無くしたモデル。
(上はアメリカのメーカーリンク。
日本の代理店はモリダイラ楽器

10年位前、楽器屋で初めてminimoogという
アナログシンセを試奏したのが全ての始まりだった。
デジタルシンセには決して出せない
あまりにずぶとい音で、何か変な汗をかきながら
弾いていた様な記憶がある。
 
 
Moog Slim Phatty 2
 
そして10年の時を経て、moogのロゴがnecobitの元にッ!
10年前に弾いたものとは違う楽器なので、色々と違う点もあるけど、
根元にあるのは確かに「あの」Moogサウンド♪

Moog Slim Phatty 3

当然、現代の楽器なのでMIDI対応。
その他、CV/GATE、外部入力がついてる。
 
 
Moog Slim Phatty 4
Moog Slim Phatty 5
 
これといって意味は無いけど、
ラックにマウントしちゃうと横とか裏とかは
見えなくなっちゃうので今のうちに記念撮影っ。
 
 
Moog Slim Phatty 6
 
さあ、ラックマウントと思いきや
ラックマウントの耳は別売り、
しかもただの穴のあいたL字金具のくせに
5000円もしやがる。
いいよ!今度暇な時に作るよ!( ゚д゚)、ペッ

で、いきなりデモソングと行きたかったんだけど、
今日はひたすらいじりまくって一日が終わったので、
サンプルは明日以降っ!

小話
moogという名前は日本では「ムーグ」で通ってるけど、
正しくは「モーグ」という読み方らしい。
なんでも創始者のロバートモーグがドイツ系だったからとか。
しかし日本では「ムーグ」が浸透しすぎていて
なかなか「モーグ」という意識にならないなー。

デモ作った。

楽天でSlimPhattyを検索→

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*