防音室設置詳細 -1、土台-

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

部屋の広さは6畳、そこに2.1畳の防音室を設置する。

20071206bouon01.jpg
まずは96kg/m3※のグラスウールをしく。
※m3は立方メートル。特殊文字を使わないで書いてみた。
グラスウールとは、ガラス繊維で出来ている綿状の素材。
この96kg/m3という数字は、素材の密度なのだが、
グラスウールの中では桁外れに濃い密度。
この密度になると、もはや綿ではなく板。

20071206bouon02.jpg
その上にパーティクルボードを乗せる。
これは木の小片で出来た素材。

20071206bouon03.jpg
さらに石膏ボード(クラスターボード)。これは
スーパーハードというすっげー固いやつらしい。

20071206bouon04.jpg
しき終わった。
この後石膏ボードをさらにもう一枚上に。
これは前オーナーの意向らしい。
(防音性能が上がる)

20071206bouon06.jpg
横から見た図。
下から、グラスウール、パーティクルボード、石膏ボード×2。
ここまでは一切ビス止めなしで、乗せているだけ。

20071206bouon08.jpg
最後に部屋の土台となる木材をのせて、ここでようやくネジを
ドリルでガシガシとめていく。

といったところで土台部分はひとまず出来上がり。

次は壁を立てていく。

防音室設置詳細 -2、壁-

防音室設置についてまとめページ

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*